成果報告書詳細
管理番号20110000000990
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 構造活性相関手法による有害性評価手法開発 毒性・代謝知識情報の収集と体系化
公開日2012/2/17
報告書年度2007 - 2010
委託先名独立行政法人製品評価技術基盤機構
プロジェクト番号P07033
部署名環境部
和文要約化学物質のリスク評価におけるヒト健康影響の評価の際に、有害性試験データがない化学物質に対し、類似する化学物質の反復投与毒性試験データやその他の既知見を用いて、カテゴリーアプローチ等の手法により反復投与毒性を推定できるよう、必要となる判断材料を評価者(専門家)に提供する有害性評価支援システム統合プラットフォームの開発を行った。有害性評価支援システム統合プラットフォームは、毒性知識情報データベースと代謝知識情報データベースの二つのデータベースを備えている。毒性知識情報データベースには約500物質の反復投与毒性試験報告書について血液生化学検査や病理組織学検査などを含む詳細な試験データを収載した。また、反復投与毒性試験データに加え、反復投与毒性試験が行われた物質のin vitro試験データやシグナル伝達パスウェイなど毒性作用機序に関する情報も収載した。代謝知識情報データベースには主としてラットの肝臓における代謝経路の文献データを約650物質について収載した。また、これらの代謝経路を解析することにより未試験化学物質の代謝物を推定するための代謝シミュレータを開発した。有害性評価支援システム統合プラットフォームのインターフェースでは、毒性知識情報データベース及び代謝知識情報データベースから必要な情報を抽出し、物質間で比較しやすい形式で表示するなど、カテゴリーアプローチによる反復投与毒性の評価を支援する機能を備えた。また、反復投与毒性試験データを解析することにより36種類のカテゴリーを作成し有害性評価支援システム統合プラットフォームに搭載した。さらに、カテゴリーライブラリーにおける種々の反復投与毒性の原因となる分子に特徴的な部分構造をカスケードモデルにより抽出し、それらを基に反復投与毒性を化学構造から推定するベイジアンネットを開発した。
英文要約Hazard Evaluation Support System Integrated Platform (HESS Platform) which provides information such as repeated dose toxicity (RDT) test data of analogue chemicals and known knowledge of toxicity mechanism information to evaluators (experts) to estimate RDT of untested chemicals by category approach has been developed. The HESS Platform has two databases: Toxicity Knowledge Information Database and Metabolism Knowledge Information Database. About 500 RDT test reports with detailed test data such as blood biochemical examination data and histopathological findings were placed in the Toxicity Knowledge Information Database. In addition to the RDT test data, toxicity mechanism information such as in vitro test results and related signal transduction pathways for the chemicals with repeated dose toxicity test result were included in the database. Documented metabolic pathways data of about 650 chemicals mainly for rat liver were placed in the Metabolic Knowledge Information Database for analyzing the effect of metabolites on toxicological profiling of a target chemical. By analyzing these metabolic pathways, a metabolic simulator was developed to estimate metabolite of untested chemicals in rat liver. In order to support the evaluation by category approach on RDT, the interface in the HESS Platform was developed for extracting necessary information and displaying them for the easy comparison of extracted chemicals. By analyzing the RDT data, 36 categories were developed and incorporated in the system as a category library. In addition, basic active structures causing various RDT in the category library are extracted using the cascade model. A prototype Bayesian net to estimate RDT from chemical structure was developed using the results.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る