成果報告書詳細
管理番号20110000001610
タイトル平成21年度~平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 (国際エネルギー使用合理化等対策事業)国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業 インド共和国における産業設備の省エネルギー技術関連キャパシティビルディング事業
公開日2012/2/17
報告書年度2009 - 2011
委託先名住金マネジメント株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約1.事業目的:2008年9月に行なわれた日印エネルギー対話において、インド共和国電力省傘下のBEEから提示された5つの地方省エネルギーセンター構想(REEC)への協力要請に対し、日本は当該REECの設立並びに必要なキャパシティビルディング(トレーナーズ・トレーニング)への協力を行うことを確認した。今回、5つのREEC構想の内、産業設備における省エネルギー技術・運転技術に係るキャパシティビルディングを実施し、インド国内で自立的に活動できるトレーナー(講師役)を育成する。実施場所は、商工省傘下の国家生産性評議会(NPC)のアンベードカル生産性研究所内に決定した。2.2009年度実施結果(1)キャパシティビルディングの内容決定:研修用設備の提供及びトレーナーズ・トレーニングを実施することを決定した。(2)研修用設備の決定:ポンプ実習装置、ファン実習装置、空気圧縮機実習装置、燃焼炉実習装置、オープンバーナ実習装置、燃焼挙動実習装置及びスチームトラップ実習装置の計7設備とした。(3)前項の研修用設備の設計・製作・日本国内での試運転の実施:初期トラブルの早期発見、インド共和国での円滑な据付試運転を目的として仮組立試運転を日本国内で実施した。(4)1次研修の実施:弊社研修設備を使用し、講義・実習およびインド共和国への納入設備の試運転立会いを行なった。研修生は5名、研修期間は15日間実施した。3.2010年度実施結果:インド共和国所掌範囲の建屋建設が約2ヶ月遅れたが、年度内目標の2次研修まで無事終了させた。(1)研修用設備の輸出手続きを行なった。(2)研修用設備の輸出梱包を行なった。(3)日本国内倉庫での保管を行なった。(4)輸出通関手続きを行なった。(5)海上輸送を行なった。(6)輸入通関手続きを行なった。(7)インド国内倉庫での保管を行なった。(8)研修用設備の輸送・搬入・開梱及び据付工事を行なった。建屋完成遅れや搬入通路が不安定等問題あるも関係者の協力を得て11月2日に竣工式を実施した。(9)研修用設備の試運転:単体試運転、総合試運転の実施、試運転データの収集を行なった。(10)2次研修の実施:納入設備を使用し、運転操作マニュアルの修得、実習マニュアルの修得及び講義研修を行った。研修生は13名、研修期間は各設備10日間実施した。4.2011年度実施結果:(1)研修用設備の健全性を確認した。(2)3次研修の実施:納入した研修設備を使用し、講義パート評価、実習パート評価及び講義・実習の態度で総合評価を行なった。研修生7名全員が講師役としてふさわしいと判断した。5.結び:建屋の建設が遅れたが、BEE及びNPCの協力により当初の納期内で事業を遂行することが出来た。研修用設備の活用状況については、近隣の企業に対して既に2月に研修を2回実施しており、インド共和国側の強い意気込みが感じられる。今回提供した実習装置を活用して、インド共和国における産業設備の省エネルギー推進の為の人材育成に貢献できることを切に願っている。
英文要約Title: Title: Measures Projects for International Energy Use Rationalization etc. Technology spread Project for International Energy Consumption Efficiency Improvement etc. Capacity building project related to energy conservation technology of industrial facilities in Republic India (FY2009-FY2011) Final Report
1. Purpose of the project. During the India-Japan energy talks in September 2008, in response to a request from the Bureau of Energy Efficiency (BEE), Ministry of Power, Indian Government, for cooperation on the five Regional Energy Efficiency Center (REEC) initiatives, Japan affirmed that it would provide support for REEC development and relevant capacity building program (training for trainers). Of the five REEC initiatives, we decided to implement capacity building program regarding energy conservation and operational skills and techniques required for the industrial facilities, and to develop trainers who would be capable of providing training in India on an autonomous basis. The site selected for implementation of these activities was the Ambedkar Institute of Productivity, operated by the National Productivity Council (NPC) under the Ministry of Commerce & Industry. 2. 2009. (1) Decision involving contents of capacity building program: We decided to provide training facilities and developmental education for trainers.(2) Decision involving the training facilities: We decided to provide the following seven facilities: Pump, fan, compressor, combustion furnace, open burner, explosion, and steamtrap training facilities.(3) Design and production of the above-listed training facilities and trial runs conducted in Japan.(4) Provision of first training session using our Japan-based facilities. 3. 2010. Although construction of the building was delayed by two months, we were able to complete our processes up to the second training session, thereby attaining the objectives planned for this fiscal year.(1) Completed shipping procedures for the training facilities.(2) Packed the training facilities for export.(3) Held the facilities in the storage in Japan.(4) Implemented export customs procedures.(5) Shipped the cargo by sea.(6) Carried out import customs procedures.(7) Held the facilities in storage in India.(8) Transported, carried in, and opened the packed facilities and installed them. We were able to hold a construction completion ceremony on November 2. (9) Conducted trial run of training facilities. (10) Provided the second training session using the installed facilities. 4. 2011. (1) Confirmed the soundness of the training facilities.(2) Provision of third training session using the installed training facilities, we conducted a comprehensive evaluation of trainees with respect to the lecture part, practice training part, and learning attitude during the lectures and practice training. We determined that all seven trainees who had participated in the training were qualified to become trainers. 5. Conclusion. Despite the delay in building construction, we were able to complete our project by the originally scheduled delivery date, thanks to the cooperation of BEE and NPC. We hope that the training facilities will contribute to the development of personnel with the capabilities to promote energy conservation in Indian industrial facilities.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る