成果報告書詳細
管理番号20110000001641
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A13002a 光コムシンセサイザの開発と計測・通信への応用 平成22年度最終
公開日2012/2/21
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人東京農工大学柏木謙
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約(a) 光コムシンセサイザの開発:光コムの帯域を拡大するために、光コム生成に使用する種パルスを圧縮して、パルスのピークパワーを向上した。その結果、12.5 GHzの周波数間隔で光コムの帯域を16 THz以上にまで拡大できた。
(b) 高精度分光分析 : 測定精度100 kHzを目指すと共に、分光分析の雑音低減を行った。光コムのスペクトルシフトを安定な方法に変更することで、シフト後の光コムの不安定性に起因する雑音を抑圧した。
(c)3次元顕微鏡 : 帯域を拡大した光コムを利用して、奥行き分解能14.3μmの干渉計測を実現した。光コムの周波数間隔掃引の条件・デバイスを検討して、測定可能深さ1.2 mmを実現した。また、実験系制御プログラムを高速測定用に改良し、15 フレーム/秒を実現した。
(d)光波形解析/整形器 : 光通信ネットワークの伝送路特性に合わせたパルス波形を合成した。光パルスを高精度に合成することにより光ファイバ出力側で歪みのないパルスが得られる技術を確立した。
英文要約(a) Optical frequency comb synthesizer : We introduced pulse compression technique and increased peak powers of seed pulses for optical frequency comb generation. The power increase enhanced the comb bandwidth above 16 THz with 12.5 GHz spacing.
(b) High precision spectroscopy : We studied measurement accuracy enhancement and the noise suppression. We employed a stable frequency-shifting method of frequency comb and suppressed the noise due to the instability of the shifted comb. Measurement wavelength range was over 100 nm.
(c) 3D microscope : The bandwidth enhanced comb realized the longitudinal resolution of 14.3 um. The experimental results showed the well matched result with the calculated result from the frequency comb spectrum. We elongated the measurement range up to 1.2 mm by optimizing the frequency spacing sweeping condition. The measurement speed was enhanced up to 15 frames/sec.
(d) Optical pulse analyzer and shaper : We synthesized optical pulses which was suitable for optical fiber network characteristics. We generated highly precise optical pulses and obtained clean pulses at the fiber output.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る