成果報告書詳細
管理番号20110000001657
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A27005a 低コストエタノール生産プロセスに使用する耐熱性酵母株の研究開発 平成22年度中間
公開日2012/2/21
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人山口大学星田尚司
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約増殖限界温度での適応育種により凝集性株を得た。高濃度グルコース存在下での適応育種では、野生株に比べて高濃度グルコース存在下で増殖が速く、エタノール発酵開始が早い株を得ることができた。また、嫌気的条件下での適応育種により、高温かつ酸素供給が小さい条件下において、野生株に比べエタノール発酵能力が高い株を得た。デンプンからの並行複発酵において30℃~35℃に比べ45℃では酵素添加量削減に大きな効果があることが明らかとなった。
英文要約In adaptive mutation, some strains that would have advantages in high-temperature ethanol fermentation were obtained. A strain, which was obtained by repeated culture in high-glucose condition, showed faster growth and fermentation start than wild type in high concentration of glucose. Another strain showed slightly better fermentation in low aeration condition. A flocculating strain was appeared in high-temperature adaptation.
Simultaneous saccharification and fermentation from starch by K. marxianus at 45°C could reduce the amount of glucoamylase added than 30°C.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る