成果報告書詳細
管理番号20110000001658
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A28003a 光通電ハイブリッド・パルス加熱法による高速多重物性測定装置の実用化開発 平成22年度中間
公開日2012/2/21
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所渡辺博道
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 高速・高温熱膨張率測定法、CNT配向集合体を利用した平面黒体及びに分離型熱電対を開発した。開発した熱膨張率測定法により、12種類の金属の熱膨張測定を行った結果、推奨値と比較して5%以内の良い一致を確認しており、目標とする測定精度を達成した。開発した平面黒体の放射率は0.97以上であり、3000℃以上での使用が可能であることを実験的に確認した。また、開発した分離型熱電対は、従来の試料にスポット溶接した熱電対により温度を測定する場合とほぼ同様の正確さで測定できることを確認した。
英文要約The fast measurement method and system for high temperature thermal expansion, a plate-like black body that is made of carbon nanotube forest on a glassy carbon plate, and junction-separated thermocouple were developed. The accuracy of the expansion measurement system is estimated to be better than 5 %, from comparisons between the measured and recommended thermal expansion values on 12 metals. It was experimentally confirmed that the plane blackbody exhibits the emissivity greater than 0.97 and is available at temperatures above 3273 K. The performance of the junction-separated thermocouple is almost the same as that of the conventionally used thermocouple spot-welded on the sample surface.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る