成果報告書詳細
管理番号20110000001695
タイトル平成17年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 ビール工場省エネルギー化モデル事業(ベトナム)
公開日2012/2/17
報告書年度2005 - 2005
委託先名株式会社前川製作所
プロジェクト番号P93050
部署名エネルギー対策推進部
和文要約1.事業の背景
国際エネルギー消費効率化等モデル事業は、日本が有するエネルギー有効利用技術(省エネルギー・石油代替エネルギー技術)のアジア太平洋地域における実証及び普及の促進等により、最終的に日本のエネルギー安定供給の確保を図るものである。
2.本事業の目的
ビール工場省エネルギー化モデル事業は、日本で普及している省エネルギー技術を複数組み合わせて導入することにより、省エネルギーと省コストを図ることを目的としている。ベトナム全土にビール工場が多数存在することから、モデル事業実施後、商業ベースあるいはCDM事業として適用技術が普及し、ベトナムにおけるエネルギー消費の削減が行われることを最終目標とする。本事業で導入する技術は、「蒸気再圧縮再利用システム(VRCシステム)」、「冷却システム改善」、「パストライザ改善」、「嫌気性排水処理+バイオガスボイラ」の大きく4システムであり、燃料及び電力の削減を行い、それに伴う燃料の燃焼によるCO2の排出削減にも寄与する。
3.事業概要
本事業は、平成14年度にその実施可能性調査を実施したのち、平成15年度から平成17年度の3カ年度の予定で実施される。平成17年度はその3年度目にあたり、以下の項目を実施した。
1)現地調査・詳細設計
現地サイト企業を訪問しプロジェクト工程管理を行うとともに、事業のCDM化に向けた作業を実施した。
2)設計
嫌気性排水処理及びバイオガスボイラシステムの詳細設計を実施した。
3)機器製作・輸送
嫌気性排水処理及びバイオガスボイラの製作及び輸送、蒸気再圧縮システム本体の輸送を実施した。
4)据付・試運転の指導
蒸気再圧縮システム、排水処理・バイオガスボイラ、冷却システム効率化改善の試運転指導、殺菌装置の合理化調整指導等を実施した。
5)実証運転
全システムの実証運転に立ち会い、技術の有効性を検証した。
6)普及活動
6)~1日本招聘: サイト企業の関係者を日本に招聘し、国内の省エネ技術の導入事例の視察研修及び導入設備の立会いを実施した。
6)~2セミナーの開催: 平成18年3月上旬にベトナム国内のビール工場関係者をサイト企業に招いて省エネルギーセミナーを開催し普及促進を図った。
英文要約1. Background of the project
In the international model projects to increase the efficient use of energy, technologies already available in Japan for the efficient use of energy (energy conservation & alternative energy) are demonstrated and disseminated in the Asia-Pacific region to ensure stable energy supply to Japan consequently.
2. Objectives of the project
In the model project to increase the efficient use of energy in brewery,
integrated energy conservation technologies already in practical use in Japan, are implemented to demonstrate energy conservation and cost reduction. After implementing the model project, applied technologies are expected to be disseminated consequently to numerous breweries in Vietnam through commercial or CDM projects.
Four major technologies will be implemented in the project such as Vapor Recompression (VRC) System, Improvement of Refrigeration Efficiency, Improvement of Pasteurizer and Anaerobic Wastewater Treatment with Biogas Boiler which will save fuel and electricity consumption and will contribute to the reduction of CO2 emissions caused by the fuel combustion.
3. Outline of the project activities this project has been implemented in three years from 2003 to 2005 following the feasibility study in 2003.
Following activities were executed in 2005 as the third year.
1) Site survey & detail engineering
Project management was executed by visiting the project site as well as necessary procedures to realize this project as CDM were executed.
2) Detail Engineering
Detail engineering for anaerobic wastewater treatment and biogas boiler system was executed.
3) Manufacturing and delivery of equipment
Manufacturing and delivery of equipment such as a main part of VRC system and anaerobic wastewater treatment and biogas boiler system were executed.
4) Supervision of installation and test run
Supervision of installation and test run for VRC system, wastewater treatment-biogasboiler, improvement of refrigeration system and improvement of pasteurizer operation were executed.
5) Demonstration operation
Supervision of demonstration operation of all the system was executed and effectiveness of the technology was verified.
6) Dissemination
6)-1 Invitation to visit Japan: Selected members from the site firm were invited to visit Japan and visited plants where energy conservation technologies have been implemented and witnessed equipment to be implemented at site firm.
6)-2 Seminars: The seminar for promoting dissemination of energy conservation technologies were held in early march 2006 at the site firm by inviting members from domestic brewery concerns.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る