成果報告書詳細
管理番号20110000001696
タイトル平成18年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等技術普及事業 ビール工場省エネルギー化モデル事業に係る成果普及事業(ベトナム)
公開日2012/2/17
報告書年度2006 - 2006
委託先名株式会社前川製作所
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1.事業の背景
国際エネルギー消費効率化等モデル事業は、日本が有するエネルギー有効利用技術(省エネルギー・石油代替エネルギー技術)のアジア太平洋地域における実証及び普及の促進等により、最終的に日本のエネルギー安定供給の確保を図るものである。
2.本事業の目的
ベトナムのハノイ・アルコール・ビール飲料公社(HABECO)傘下のタインホアビール工場で実施した「ビール工場省エネルギー化モデル事業」(平成18年3月終了、以下「モデル事業」という。)の成果の普及基盤の整備に資する事を目的とする。また、本技術は、温室効果ガスであるCO2の削減に寄与するものであり、引き続きCDM理事会における手続きを進め、CDM化を促進する。
ベトナムにおいては2006年4月に省エネルギー推進の政令が発効され、2006-2010年の5年間に国全体のエネルギー消費を3~5%削減するという明確な目標が掲げられ、省エネルギーの気運も高まっていることから政府関係者や省エネルギーを推進する立場の方々に本モデル事業の効果を広く知らしめ、普及の促進につなげる。
3.事業概要
平成15年度から平成17年度にかけて、ハノイ・アルコール・ビール飲料公社タインホアビール工場へ、既に我が国で普及しているビール工場の省エネルギー技術(蒸気再圧縮(VRC)システム、冷却システム改善、パストライザ改善、バイオガスボイラ(嫌気性排水処理を含む))を導入し、総合的に省エネルギーを図る事業を実施した。本事業では、既に終了したモデル事業の実施企業の操業・保守に焦点を当てたフォローアップを行うとともに、普及対象候補企業における省エネルギー診断やセミナーを開催し、モデル事業の導入設備の普及促進を図ることを目的とする。また、本事業はCDM事業化を前提として実施をしており、引き続きCDM化のための活動を実施する。
1)モデル事業フォローアップ
当該モデル事業の実施サイト(タインホアビール工場)において、導入設備の効率的な運用を行うための継続的な操作指導を行い、エネルギー消費削減効果の向上を目指す(導入設備には当該国初の事例である産業用高温ヒートポンプ(VRC)、産業用氷蓄熱設備及び高温嫌気性排水処理などがあり、いずれも運用方法如何で省エネルギー効果が増減するため、サイト企業のフォローアップを実施。)。また、導入後一年間の運転データを分析し、その導入効果を検証した。
2)普及活動等
平成19年3月中旬にベトナム工業省内にて報告会(小規模セミナー)を開催し、モデル事業導入後の経過及び普及活動の成果をベトナム工業省及び関係者に報告した。セミナーの対象は設備導入の決定権を有する経営者や、現場管理者及び部長級技術者クラスを中心に招待した。
報告会の前に予めモデル事業機器の導入希望ビール工場(5箇所を想定)に対し省エネルギー及び環境対策をテーマにした個別セミナー及び省エネルギー診断を実施しその成果も報告に盛り込んだ。
個別セミナーの開催に先立ちビール業界におけるエネルギー消費量の原単位(単位生産量あたりのエネルギー消費量)のデータを収集し、ベンチマークを作成するとともに、そのデータを基に業界全体の省エネルギー目標を設定するなどといった政府関係者主導の働きかけ等を実施した。
それらの活動は、ベトナム工業省傘下のベトナムサーマル協会(VTA)とともに共同で実施した。
モデル事業の最終年度である平成17年度の後半から自主事業としても継続的に普及活動を実施した結果、平成19年2月に中部地域のビール工場にモデル事業導入設備のうちの高効率カスケード冷却システムが導入されることが決定し、本モデル事業における普及の第1号となった。
2)CDM化
省エネルギーCDM案件の先進的な事例として、本モデル事業のプロジェクト設計書(PDD)を整備し、CDM理事会への登録申請を実施する。本年度中は時間的な制約により、CDM理事会申請の直前の手順である有効化審査の最終段階までを実施した。平成19年4月にCDM理事会申請を予定している。
英文要約HABECO - Hanoi Alcohol Beer Beverage Corporation. The objective of this project is to arrange dissemination of technologies demonstrated by the model
project. The model project is also aiming at reduction of GHG mainly CO2 and the registration of CDM project at the CDM Executive Board.
Vietnamese Government issued a Government Decree in April 2006 for the promotion of energy conservation to achieve 3 to 5% reduction of national energy consumption in five years through 2006 to 2010 in Vietnam. As this will also encourage energy saving activities, this project aims at promoting effective benefits of the model project among the government officers and any organizations or people involved in energy conservation for further dissemination.
3. Outline of the project
In the fiscal years 2004 through 2005, the model project at Thanh Hoa Beer Joint Stock Company of Hanoi Alcohol Beer Beverage Corporation implemented integrated energy saving technologies already available in Japan for beer brewery plants such as Vapor recompression-VRC system, Improvement of refrigeration system, improvement of pasteurizer and Biogas boiler including anaerobic wastewater treatment facility The objective of this project is to follow up the model project in operation and maintenance at the project site as well as to disseminate the technologies of the model project by the means of energy audit and seminars. The model project also aims at the registration as a CDM project and requires necessary activities for such purpose.
1) Follow-up of the Model Project Necessary training for the efficient operation of the implemented equipment and to increase the reduction of energy consumption were conducted at the project site of Thanh Hoa Joint Stock Company. The implemented equipment such as the industrial high temperature heat pump, industrial ice thermal storage system and thermophillic anaerobic wastewater treatment are first of its kind in Vietnam which require necessary follow-up at the project site because the energy efficiency improvement depends on the operation management and skills greatly.
2) Dissemination
A small scale seminar was held at Ministry of Industry (MOI) in March 2007 where the results of the model project after implementation and dissemination activities were reported to MOI and people concerned. Decision-making management staffs, plant managers and chief engineers from various firms were invited to attend the seminar. Private seminars and energy audits were conducted prior to the seminar at five breweries which had intention to implement energy saving and environmental protection measures and the result of these activities was also reported in the seminar. These activities were jointly conducted with Vietnam Thermal Association (VTA) which is affiliated with MOI.
2) CDM project
As a reference of energy efficiency improvement CDM project activities, Project Design Document (PDD) and application for registration approved by the CDM Executive Board have been arranged. Due to the limited time available, only procedures for the final validation were finished. The application for registration is expected to be approved by CDM Executive Board in April 2007.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る