成果報告書詳細
管理番号20110000001710
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 中華人民共和国北京市延慶県におけるスマートコミュニティ技術導入可能性に関する調査 
公開日2012/2/17
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社日立製作所 住友商事株式会社 株式会社日立総合計画研究所 株式会社日立エンジニアリング・アンド・サービス
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約延慶県は中国・北京市北西部に位置し、北京市向けの農作物生産が盛んな地域である。また、八達嶺長城など世界的に有名な観光拠点を有し、毎年多数の観光客が訪れる。このような特色を持った大都市近郊でのスマートコミュニティモデル事業の構築を目的に、延慶県を対象に基礎調査を実施した。
最初にモデル事業創出の基礎情報の収集を目的に、延慶県の自然環境や産業構成など社会環境、電力供給を始めとした社会インフラの現状について調査を行った。
次に得られた基礎情報を元に、事前検討で適用可能性が高いと考えた系統安定化技術、EV技術、農村向けEMS技術の3分野の個別技術について延慶県への適合性を調査した。
今後5年間で350MW規模の再生可能エネルギーの導入を計画している延慶県においては、SVC・SVRなどの系統安定化技術の導入ニーズは高い。さらに、延慶県の特徴である農業を活かして大規模なバイオマス発電を導入し、安定的な電力供給が可能なバイオマス発電の特徴を生かして、系統安定化に貢献させるアプローチも考えられる。
EV技術は、交通渋滞・大気汚染が深刻化しつつある現地において適合性の高い技術分野である。事業拡大が見込まれるEVタクシーの運営効率化には、EV管理センターの導入が有効と考えられる。またスマート充電ソリューションの導入により、複数EVの充電による電力系統への影響を最小化することが期待できる。農業分野では、農地に充電スポットを整備し、小型農業機械をEV化することで、CO2排出量削減だけでなく、ランニングコストの削減も見込まれる。観光業分野では、北京市~延慶県間、延慶県内の観光拠点にEV充電ステーションを整備し、レンタカー、シャトルバスなどのEVを普及させることで、CO2排出量の削減、延慶県のエコ旅行のブランド化に貢献できると考えられる。
農村向けEMS技術の分野では、エネルギー管理を行うビレッジEMSを導入し、バイオマス発電や蓄電池の制御とデマンドサイド・マネジメントにより、電力需給の最適化に貢献可能である。また水分野では農業用水管理システムの導入により、需要量が多い農業における水利用の効率化や、水源多様化に貢献できると思われる。熱供給分野では、人口密度の低い農村において、最適な配管網の敷設を可能にする配管最適化シミュレーション技術にニーズがある。
さらに延慶県現地での事業継続を想定し、中国におけるO&M事業の課題について調査した。事業継続には、燃料価格高騰などの一般的なリスク以外に、政策や法規制の予測できない変更による事業継続リスクなど中国特有といえるリスクがある。これらのリスクに対応するには、現地企業や、現地での事業運営経験が豊富な外資企業との提携を視野に入れた事業体制の構築を検討する必要がある。
最後に、今回延慶県を対象として検討したスマートコミュニティモデルの延慶県以外での普及可能性を検証した。延慶県と類似した、大都市近郊の農業と観光が主力産業である地域は中国国内に12カ所存在する。これらの地域へ延慶県で検討したモデルを展開できる可能性は高いと思われる。実際の導入に向けては、各都市のニーズに合わせてモデルを再構築し、対象都市への適用性について検証する必要がある。
なお、本報告書は、本調査を通じ、調査対象である延慶県において、当初予測できなかった事由により、委託元によるスマートコミュニティ技術実証事業の実施が極めて困難であることが判明したため、委託元と協議を行い、その時点までの調査結果をとりまとめたものである。
英文要約Summary of Final Report
Yanqing County is a community located in the northwestern area of Beijing City in China, which is a large producer of agricultural crops and has several world-famous areas for sightseeing. This study conducted a basic research in Yanqing County for the purpose of establishing a model project of Smart Community in the suburbs of large cities, specifically targeting Yanqing County.
The first step is to gather basic information on the County, i.e. natural environment, social environment, and social infrastructures.
The second step is to evaluate the suitability of the technologies for power grid stabilization, electric vehicles, and energy management system for agricultural communities.
There are substantial needs for the power grid stabilization technologies such as SVC and SVR, because the County is to implement a plan to install a large amount of renewable energy. The analysis shows the possibility to introduce large-scale biomass power generation systems.
Electric vehicle technologies have a high suitability in the County, for the purpose of mitigating the serious traffic jam and air pollution. Introducing the electric vehicle management centers is considered to be suitable to realize a more efficient operation of electric taxies. In addition, introducing smart charging solution is expected to reduce the effects on power grid that might be caused by charging several electric vehicles at once. In the agriculture field, electrification of small agricultural machines will not only reduce CO2 emissions, but also cut running costs. In the tourism field, installing charging stations of electric vehicles at tourist spots between Beijing City and the County, and introducing electric vehicles for rental cars and shuttle buses, are considered to contribute to CO2 emissions reduction and establishment of brand image of ecotourism.
In the field of energy management system for agricultural communities, introducing village energy management systems, integrated with controlling technologies of biomass power generation and power storage, and demand side management systems, will be able to realize the optimum control of demand and supply of electricity. In the field of water, water management systems for agriculture is considered to contribute efficient water use and diversification of water resources. In the field of heat supply, there are needs for the technologies of optimization simulation for pipe arrangement in the agricultural communities.
This study also conducted a research on the potential barriers to O&M businesses in China, of which business opportunities will arise in the Yanqing County.Embarking on O&M businesses involves not only the general risks such as the potential rise of fuel prices, but also the risks of business continuity, specific to China, associated with the unforeseeable changes of policies and regulations. In order to appropriately address these risks, it is necessary to study the establishment of business scheme, which make them within the scope, the possibilities of partnering with local companies.
The spread possibility of Smart Community model studied in the Yanqing County was further analyzed in the communities other than the Yanqing County. There are twelve regions in China, similar to the Yanqing County, which are considered to have potentially high suitability of the model studied. However, in case of actual
7
introduction of the model, it is necessary to re-develop the model, with individual technologies re-selected based on the needs of the target city, and to re-evaluate the suitability to the city.
During the study, we found that there was extreme difficulty to implement the project by the assigner because of an unexpected reason occured in Yanqing County. Based on the discussion between the assigner and the assignees, the report was written as a summary of the study results acquired until now.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る