成果報告書詳細
管理番号20110000001741
タイトル*平成22年度中間年報 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 水素製造・輸送・貯蔵システム等に使用する金属材料開発、および国際標準化・規制見直しに資する評価試験法の開発、材料データの取得に係る研究開発(3)
公開日2012/2/17
報告書年度2010 - 2010
委託先名愛知製鋼株式会社
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (3)高圧水素バルブ・継手用ステンレス鋼に係る研究開発 a.高圧水素バルブ・継手用ステンレス鋼の研究開発 高圧水素バルブ・継手等の軽量化、低コスト化(省資源化)及び長寿命化を目的として、高圧水素バルブ・継手等に使用する冷間仕上オーステナイト系ステンレス鋼の開発に着手した。
その素材準備として、SUS316Lと比較してMoの添加量を低減した数種類のオーステナイト系ステンレス鋼をVIM溶解し、それぞれ50kgの鋼塊を作製した。これらの鋼塊にソーキング熱処理を施し、熱間鍛伸加工により直径20mmの丸棒を得た。尚、これらのオーステナイト系ステンレス鋼はSUS316J1L、SUS316J1、SUS305J1、SUS309Sのいずれかの化学成分に該当するよう、成分を調整している。
英文要約Title:Development of Technologies for Hydrogen Production, Delivery, and Storage Systems. Development of Stainless Steels for Hydrogen-related Services Including High Pressure Hydrogen gas and Liquid Hydrogen, and Development of Related Materials Testing Methods (3) (FY 2010-FY2012) FY2010Annual Report

Research and development of cold-worked austenitic stainless steels for high pressure hydrogen valves and joints was undertaken to optimize weight, cost and service life.
(a) Low Mo austenitic stainless steels and SUS316L steels were made in the form of 20mm diameter bars forged from 50kg VIM ingots. Chemical compositions of the low Mo austenitic stainless steels were included in the chemical composition range of SUS316J1L, SUS316J1, SUS305J1 or SUS309S.
(b) Dimensions of a specimen and test jigs were optimized for creep test. Creep test machines were demonstrated with the specimen and the jigs.
(c) Two valves which had been used in Ariake Hydrogen Station were disassembled. Surface conditions of parts were observed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る