成果報告書詳細
管理番号20110000001743
タイトル*平成22年度中間年報 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 水素製造・輸送・貯蔵システム等に使用する金属材料開発、および国際標準化・規制見直しに資する評価試験法の開発、材料データの取得に係る研究開発(2)
公開日2012/2/17
報告書年度2010 - 2010
委託先名住友金属工業株式会社
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果 燃料電池自動車や水素ステーションに用いられる金属材料については、高圧化や軽量薄肉化に対応するためより高強度の材料が要望されている。本研究は、燃料自動車や水素ステーションに使用される配管・容器用金属材料について、高強度かつ優れた耐水素脆性を有する新規ステンレス鋼・低合金鋼を開発することを目的として実施した。実施課題は(1)高圧水素用高強度鋼の開発、(2)高圧水素ガス中の低ひずみ速度引張特性と脆化機構評価、(3)高圧水素ガス内外圧疲労特性評価、の3課題とした。
英文要約Title:Development of Technologies for Hydrogen Production, Delivery, and Storage Systems. Development of Stainless Steels for Hydrogen-related Services Including High Pressure Hydrogen gas and Liquid Hydrogen, and Development of Related Materials Testing Methods (2) (FY 2010-FY2012) FY2010Annual Report

High strength stainless steels and high strength low alloy steels with good resistance to hydrogen embrittlement were investigated for the application to tubes or cylinders used in high pressure gaseous hydrogen systems. Slow Strain Rate Tests (SSRT) and pressure fatigue tests were conducted to evaluate the mechanical and fatigue properties in high pressure gaseous hydrogen. It was confirmed that nitride-precipitated stainless steels and high Mo-V bearing low alloy steels showed good properties.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る