成果報告書詳細
管理番号20110000001751
タイトル平成19年度~平成23年度成果報告書 「高性能ハイパースペクトルセンサ等研究開発プロジェクト」
公開日2012/2/21
報告書年度2007 - 2011
委託先名財団法人資源探査用観測システム・宇宙環境利用研究開発機構 日本電気株式会社
プロジェクト番号P07008
部署名技術開発推進部
和文要約高性能ハイパースペクトルセンサ等の研究開発は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)の委託を受け、財団法人資源探査用観測システム・宇宙環境利用研究開発機構(以下JAROS)と日本電気株式会社(以下NEC)にて、平成19年度より平成23年度9月まで実施した。 以下の研究開発を行った。:(1)システム設計・仕様設計 (2)要素試作試験 (3)評価モデルの開発 (4)フライトモデルの開発 (5)技術動向、市場動向等各種調査:(1)システム設計・仕様設計 基本設計・詳細設計を行うことにより、最終目標性能のセンサスペックを実現の見通しを得た。:(2)要素試作試験 以下の項目の要素技術開発を行い、早期に性能実現の可能性を確認した。 ・高S/Nを実現する分光検出系の開発により、S/N比、MTFなどの性能達成の見通しを得た。 ・高精度校正方式の開発により、ハイパースペクトルセンサの波長精度達成の見通しを得た。 ・高速データ処理系、データ伝送系の開発により、大容量データ伝送の技術的達成見通しを得た。:(3)評価モデルの開発 評価モデルにより、下記事項を確認した。 ・軌道上環境での熱環境や機械環境に対する耐性について、試験により確認した。 ・分光検出系、信号処理部、校正系、伝送系の電気的な性能確認を行った。 ・ポインティング機能およびデータ圧縮機能について、達成の見通しを得た。:(4)フライトモデルの開発 フライトモデルの製作を遅延なく進めるために、長納期の部品について先行して調達した。 (5)技術動向・市場動向等各種調査・研究開発の効率的な実施のため、国内外の技術動向、市場動向等の情報収集及び分析等を行い、開発計画、開発仕様に反映した。 ・国内外の事業として地球観測データ配布を行う先行事例も踏まえ、本センサによる観測データの配布・普及の方策および体制等について検討した。また、事業化に向けた障壁、必要な前提条件、具体的なビジネスモデル等について検討した。
英文要約Tilte:The high performance hyper-spectral and multi-spectral sensor research and development project (FY2007-FY2012) Final Report
'The high performance hyper-spectral and multi-spectral sensor research and development project' was carried out by Japan Resources Observation System and Space Utilization Organization(here in after , referred to as 'JAROS') and NEC from FY2007 to September FY2011 with financial aid from NEDO. Following research and development were implemented :(1) Sensor system design and study for system requirement (2) Trial manufacturing of critical components (3) Development of Functional Evaluation model (4) Development of Flight model (5) Research of technical and market trend :Detailed description of each item :(1) Sensor system design and study for system requirement Final target performance defined by sensor specification through preliminary design and critical design.:(2) Trial manufacturing of critical components Feasibility of achievement to performance requirement was confirmed by development of following critical items. - Development of detector to realize system performance of high Signal to Noise ratio, MTF - Development of calibration methodology with high accuracy to realize high wavelength calibration accuracy for hyperspectral sensor. - Development of high speed data processing and transmission system to realize high data rate transmission system:(3) Development of Functional Evaluation model Following items were confirmed by Functional Evaluation model - Verification of endurance for thermal environment and vibrational/shock environment anticipated during launch or on orbit by test. - Verification of opt-electrical performance of spectrometer assembly (including detector), signal processor, calibration system and data transmission system. - Verification of functional and performance compliance to required specification. :(4) Development of Fight model - Precedence procurement of long lead items in time for start of flight model manufacturing. :(5) Research of technical and market trend - Research and analysis of domestic or foreign technical trend, of market trend. Its results was reflected to the development plan and the development specification document of hyper-spectral sensor system in order for efficient R&D. - Study of methodology and frame for distribution and promotion of hyper-spectral sensor data on business basis with consideration of past precedence cases. Further study as what is obstacle for business, what is required conditions, and study for practical business model.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る