成果報告書詳細
管理番号20110000001784
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書  平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A32202a 光析出プロセスにより高次制御された金属ナノ粒子触媒による過酸化水素合成技術の開発 平成22年度最終
公開日2012/2/21
報告書年度2007 - 2010
委託先名大阪大学森浩亮
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約500nm程度のシリカコアにPdを固定化し、その表面にTi含有メソポーラスシリカを形成させた新規コアーシェル触媒を合成した。本触媒はPdサイトでの水素と酸素からの過酸化水素合成、それを利用したTiサイトでのスルフィドのワンポット酸化反応に極めて高い活性を示すことを見出した。
さらに新たな触媒設計として、Cs置換ヘテロポリ酸担持シリカに紫外光照射を行うことで、過酸化水素合成反応に高活性なPdナノ粒子担持触媒の簡便な調製法を開発した。
英文要約New type of core-shell structured catalyst with uniform SiO2 core supporting Pd NPs and Ti-containing mesoporous silica shell enhances the oxidation activity for one-pot oxidation of sulfide.
Additionally, a simple and unique methodology to synthesize active Pd nanoparticles using heteropolyacid-supported silica under UV-light irradiation has been developed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る