成果報告書詳細
管理番号20110000001786
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業基礎調査 「英国におけるスマートコミュニティ技術実証可能性に関する基礎調査」
公開日2012/2/17
報告書年度2011 - 2011
委託先名オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン・リミテッド
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約英国は、2008年、EUメンバー国として包括的地球温暖化対策に同意し、英国内においては2008年気候変動法が成立し、2050年までに温暖化ガス80%削減、2020年までに温暖化ガスエネルギー消費を20%削減、再生可能エネルギー15%まで増加という目標が示された。この長期目標に到達するため、2009年低炭素移行行動計画及び一連の施策が策定され、気候変動委員会が国会に進捗を報告する仕組みとなっている。
 英国における低炭素戦略・計画において、住宅からの温暖化ガス削減は重要課題の一つと位置付けられている。新築住宅は2016年までに全てゼロカーボンとし、並行して既存住宅での対策を急速に拡大することにより、家庭からの排出量を大幅に削減し、2020までに29%削減(2008年比)、2050年にはゼロフットプリントを実現するとしている。
 既存住宅の断熱性向上は費用対効果の最も高い対策と認識されており、2012年に開始される既存住宅の低炭素改修のためのファイナンススキームであるグリーンディールの導入に当たり、公共住宅を主な対象としてパイロットプロジェクトの計画と実施が進められようとしている。また、エネルギー源の見直しも進められており、将来の削減シナリオとして、特に建物関連の分野の脱炭素化のためにヒートポンプ技術を導入し、更に拡大していくことの重要性等に言及している。
 スマートシティ/コミュニティに関しては、英国ではまだ一般に広く認識されている考え方とはいえないが、スマートメーターの設置やローカーボン・ネットワーク・ファンドを活用し、主に供給側のエネルギーマネジメントを含むプロジェクトを開始している。需要側のエネルギーマネジメントに関しても、都市レベルにおいて様々な試みが検討されようとしているところであり、今後、有効性が実証された技術から逐次普及・拡大が図られていくことが予想される。
 このような背景と今後の動向、および日本企業の調査結果を踏まえ、英国におけるスマートコミュニティ実証事業として、ヒートポンプを利用したエネルギー効率化、住宅エネルギー管理システム(HEMS: Home Energy Management System) 及び将来のコミュニティエネルギー管理に向けたシステムを主な構成要素とし、新築住宅あるいは既存住宅改修プロジェクトに組み込む形で実証することが適当であると考えられる。
このような実証を行う際には地方自治体が英国側のパートナーとなることが想定される。英国では低炭素化を積極的に進めている都市は多数存在するが、この中から、特にスマートコミュニティ関連技術導入に施極的で、経験もあるバーミンガム、ブリストル、グレーターマンチェスターの3都市を抽出し、詳細を調査した結果をとりまとめた。
 さらに、市またはハウジングアソシエーションが所有・管理する公共住宅の改修プロジェクトとして技術実証を実施した場合のプロジェクトの実施形態について検討し、実施上の課題、留意点等を抽出するとともに、結論として、上記のようなスマートコミュニティ技術実証は、今後急速な拡大が予測されている住宅の脱炭素化の市場に向けた日本の技術やサービスの普及という観点からも実施のタイミングとして理想的であり、住宅分野での大幅なエネルギー効率化と炭素削減を目指す英国及び自治体の政策にも合致するものであるため、英国側の協力が十分に期待できることを確認した。
英文要約Title:Fundamental Research Project for the Technology and System Demonstration for Increasing the Efficient Use of Energy, Basic Survey Project for a Smart Community Technology Demonstration Project in the United Kingdom (FY 2011) Final Report
In 2008, the government of UK agreed to the comprehensive climate change and energy package as an EU member country, and the UK Climate Change Act 2008 became a law, which sets targets for UK to reduce carbon emissions to 80% below 1990 levels by 2050, energy consumption to 20% below by 2020, and to increase energy use from renewable source to 15% by 2020. In order to achieve the long term targets, Low Carbon Transition Plan 2009 and a series of strategies and policies have been developed..
The reduction of GHG from dwellings is one of the most important issues in the carbon reduction strategy and plan in UK. All new homes are planned to be zero carbon from 2016, and for the existing housing stock, the low carbon measures to be expanded rapidly. By doing so, the emission from homes should be reduced to a large extent to 29% below 2008 level to 2020, and achieve zero foot print in 2050.
The enhancement of insulation in the existing homes is recognized as the most cost effective counter measures, and the design and implementation of the pilot projects for Green Deal - a financial scheme to commence in 2012 for the low carbon retrofit- is about to be brought forward in the social housing buildings. The shift of energy source is also promoted and, in the scenario for further emission reduction, the importance of heat pump technology is noted.
Smart City/Community is not a wide-spread concept in UK yet; however, some projects, mainly for the supply side energy management, have started through the smart meter roll-out and Low Carbon Network Fund Programme. Some trials of community level demand side energy management are also designed and gradual penetration and expansion are expected once the feasibility of technologies is demonstrated.
Considering such background and the future perspective in UK as well as the result of interview from Japanese corporations, technical elements, such as air-source heat pump, home energy management system (HEMS) and the community energy management system, would be the appropriate to be demonstrated by integrating to a new residential development or/and retrofit project.
A local authority (LA) would be a partner organization to host such demonstration project. There are many LAs that take initiatives of low carbon measures. Amongst them, Birmingham, Bristol and Greater Manchester, who lead the introduction of smart community technologies and have experiences of related projects, were chosen for detail survey.
At last, the implementation arrangements were examined and the challenges and points to note were summarized. As a conclusion, the timing of the demonstration is ideal because such Japanese technologies and services are the most desired in the rapidly expanding market of de-carbonation of homes in UK if the feasibility is proven. As the demonstration is also in the same direction with the policy of the UK government and LAs, the UK side would be willing to collaborate with a Japanese party for the demonstration project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る