成果報告書詳細
管理番号20110000001788
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A27010a 先進材料評価のための単原子スケール定量分析手法の開発 平成22年度最終
公開日2012/2/21
報告書年度2007 - 2010
委託先名東京大学柴田直哉
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約本年度は、昨年度に引き続き新分割検出器の開発及びユーザーフレンドリーなソフトウエア設計、アプリケーション研究を重点的に行い、各分割検出要素から原子分解能像を独立に得ることによる新しいSTEM法の可能性を検討した。その結果、原子分解能で微分位相顕微鏡法が可能であることを見出し、これまで困難であった新たな原子分解能イメージング法を切り開くことにも成功した。
英文要約In this fiscal year, I have continued to develop the new area STEM detector for atomic-scale quantitative imaging of atomic-scale structures and did several tests. I could also show that the present system can be used for differential phase contrast imaging, and this imaging can be a new imaging mode for atomic-resolution STEM.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る