成果報告書詳細
管理番号20110000001791
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A24012a 自動車用無鉛圧電セラミックスの研究開発 平成22年度最終
公開日2012/2/21
報告書年度2007 - 2010
委託先名名古屋工業大学柿本健一
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約(Na,K)NbO3セラミックスでは熱活性な電荷担体によって電気伝導が生じており、粒界組織における酸素欠陥移動が熱拡散し始める温度以上で、強誘電性のドメイン壁のピン止め効果が低下し、圧電特性が低下するメカニズムを明らかにした。一方、化学組成制御して酸素欠損量を減じた場合には高温下の脱分極電流が極小化でき、圧電特性の高温維持が図れることなどを見いだした。さらに、粒子サイズと自発分極起源のNbO6八面体構造との構造相関を明らかにし、特定サイズのセラミック粒子から構成される場合に、優れた圧電特性が発揮可能との見通しを得た。
英文要約Thermal discharge study confirmed the degradation mechanism of the piezoelectric property in alkali niobate ceramics, and the relaxation was caused by the dipolar relaxation of oxygen ions rather than the ionic conduction of oxygen. As a result, the modified ceramic processing improved the thermal property.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る