成果報告書詳細
管理番号20120000000014
タイトル平成20年度~平成21年度成果報告書 集中連系型太陽光発電システム成果普及事業
公開日2012/2/17
報告書年度2008 - 2009
委託先名株式会社関電工 太田市
プロジェクト番号P08028
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約「集中連系型太陽光発電システム実証研究」(以下、前研究)においては、太陽光発電(以下、PV)システム集中連系時に想定される出力抑制や、単独運転、高調波成分等の課題に対する汎用的な対策技術を開発、実証した。しかしながら、実証試験においては、集中監視システム等の特別な保護装置や計測システム(以下、集中制御装置)や蓄電池等へ個別に開発した装置(以下、開発品)を導入しており、一般的なPVシステム集中連系時のモデルケースとは言いがたく、電気の専門家ではない個々の一般の住宅用PVシステムの所有者が容易に管理できないシステムとなっている。このため、「集中連系型太陽光発電システム成果普及事業」(以下、本事業)では、前研究の成果を踏まえ、一般的なモデルケースとして適用できる設備形態および運用手法を確立し、PVシステムの大規模かつ安全な導入が可能であることの確認および情報発信を行うため、以下の内容を実施した。
1.蓄電池の分布状況による出力抑制回避・電圧上昇抑制効果及び経済性評価:比較的出力抑制が起こりやすい住宅に限定して局所集中的に蓄電池を導入した状態での運用を実施し、実証データおよびシミュレーションを用いて出力抑制・電圧上昇抑制効果および経済性の評価を行った。
2.新型パワーコンディショナの導入状況と性能評価:前研究で開発した新型単独運転検出装置を組み込んだ新型パワーコンディショナの性能確認試験を実施し、実証試験地区に段階的に導入し、停電・瞬低時の挙動についての動作確認を行った。
3.簡易モニタリング手法の開発及び実施:集中制御装置によるデータ収集を行わなくてもPVシステムの状態を把握できる簡易モニタリング手法の開発、および月1回の住民アンケートによるデータ取得を実施し、その結果を住民に対してフィードバックした。
4.成果広報:本事業の成果について、住宅デベロッパー、PV関連業者、電力会社等、住宅用PVシステムの導入普及に携わる事業者を対象とした報告会を開催した。また、前研究にて収集したPVシステムの普及に資するデータの一般公開を行った。
5.実証試験設備形態の変更:出力抑制回避装置や集中制御装置等の特別な実証試験用設備を用いず集中連系を可能とし、一般的なPVシステムの大規模導入のモデルとなり得る形態を実現するため、新型パワーコンディショナの導入、簡易モニタリング手法の開発等を行い、これに伴い不要となる設備の撤去した。
6.その他附帯事項の実施:本事業の実施、簡易モニタリングによるデータ収集等を円滑に進めるため、必要に応じて住民説明会を実施した。また、本事業終了後も引き続き、本事業で確立する簡易モニタリング手法を用いたデータ計測等を実施するための事業計画について立案・決定した。
英文要約In Demonstrative Research on Clustered PV systems(previous research),the general-purpose measures technologies were developed and demonstrated,which solve the problem when clustered photovoltaic systems(PV systems) are interconnected,such as output suppression,islanding,and higher harmonics.However,in the demonstrative research,development products, special protective equipment and measuring devices were installed,the owner of PV systems for popular houses,who isn't an expert on electricity,can't easily manage them.Therefore,in Result Dissemination Project on Clustered PV systems(this project),we intend to establish the equipment and operation method which can be the general model of clustered PV systems on the results of previous research,and conducive for spread of PV systems.
1.Collection and analysis of data on the condition that batteries are partly installed:
2.Confirmation of new model power conditioning system's operation:
3.Implementation of monitoring method:
4.Public relations of results:
5.Change of the demonstrative test equipment composition:
6.Implementation of other incidental matters:
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る