成果報告書詳細
管理番号20120000000021
タイトル平成22~23年度成果報告書 太陽熱高度利用システムフィールドテスト事業における収集データの分析・評価及び導入普及に係わる分析評価結果等の効果的な情報発信手法の検討
公開日2012/2/17
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社東洋設計 株式会社エックス都市研究所
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー部
和文要約太陽熱利用は、戸建て住宅を中心に2005年度で原油換算62万kLの設備が導入されているが、業務用太陽熱高度利用システムは導入普及が進んでいない。このような背景から、本事業では、太陽熱高度利用システムフィールドテスト事業(太陽熱FT事業)で取得された運転データ、サイトデータの分析評価と効果的な情報発信手法の検討を行った。
太陽熱FT事業で公表されている設置データや運転データを用いて、平成18年度以降に設置された63サイトを対象として分析評価を行った。設備業者や共同研究者へのヒアリングや現地調査から運転データやサイトデータ補正、修正し分析した。これらの結果からシステムの構成要素の分析、集熱量の分析評価、設置コストの分析評価、環境要素の分析評価、課題の抽出と対策の提案、事例分析、普及への課題と提案を取りまとめた。
太陽熱FT事業における太陽熱の利用用途については、給湯のみの利用が最も多く、次に給湯と暖房、給湯と加温の給湯利用であった。また、年間集熱量を年間日射量で割った集熱効率は、システムの制御方法に大きく影響されることが分かった。設置コストについては、集熱面積あたりの太陽熱システムのみの設備費用で比較すると、平板型と比較して真空管型が高いことが分かった。
太陽熱を有効に利用できる用途や方法は、年間を通じて熱需要量が期待できる施設や、給湯・加温への導入利用である。取得された計測データより、想定される熱利用量と集熱量のバランスを考慮して、集熱面積と蓄熱槽容量を最適化することができれば投資回収の短期間化を図れる可能性が高い。
一方、太陽熱の導入普及促進に向けた効果的な情報発信手法としては、導入普及促進のために太陽熱利用システムの効果に関する周知やメーカー・業界団体等の取組等の情報発信が必要であると考えられる。実現方策としては、太陽熱利用に適した施設用途を抽出した上で、施設用途別に太陽熱導入効果を試算した結果を情報発信すること等が考えられる。
本分析・評価及び情報発信手法により太陽熱利用システムの導入の効果が周知されて、業務用太陽熱高度利用システムの加速的な導入普及が図られることで、温室効果ガス排出の削減に資することが期待される。
英文要約Solar heating systems, which has been introduced 620,000 kL crude oil equivalent in 2005 to around the Houses, it is necessary to achieve the widespread accelerating introduction of the system using advanced solar thermal commercial. From this background, in this Project, we have data that acquired in “Advanced Solar Heat Utilization Field Test Project” (“Solar FT Project”) and effective methods of Information dissemination examined.
This examines for has been set up 63 operations since 2006, using established and operational data are published in the “Solar FT Project”. And, we interview equipment suppliers and collaborators for inaccurate data corrected. Analysis of the components of the system from these results, analysis and evaluation of heat collection, analysis and evaluation of installation costs, analysis and evaluation of environmental factors, and measures proposed extraction issues, case analysis, prepared the proposal and the issue of adoption.
In “Solar FT Project”, solar energy used of only the most hot water, then hot water and heating. In addition, solar heat collection efficiency by dividing the annual amount of the annual heat collector was found to be greatly affected by the system control method. Installation costs, compared to only capital cost per square foot solar heat collection system; we found that the type is high compared to the flat-plate tube.
How can the effective use of solar thermal applications and is more heat demand can be expected throughout the year, are considered suitable for use in hot water heating. In the future, making effective use of measurement data acquired from the heat balance of the amount collected and the expected heat, allow rapid return on investment to be able to optimize the heat collection area and storage tank capacity high.
On the other hand, as an effective technique for information dissemination to promote the introduction of solar thermal diffusion, must be considered, such as information dissemination efforts of manufacturers and industry groups known about the effectiveness of the system and to promote use of solar deployment be. As an implementation strategy, on the extracted facilities suitable for use in solar applications, information dissemination can be considered as a result of introduction effect was estimated by use solar energy facilities.
The effect of the introduction of the known solar system by the method of this analysis and evaluation and information dissemination to promote the spread of the accelerated introduction of advanced solar thermal systems for commercial use, and expected to contribute to the reduction of greenhouse gas emissions be.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る