成果報告書詳細
管理番号20110000001633
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09B35006d 脈動性を用いた再層流化による高効率流体輸送技術の開発研究 平成22年度中間
公開日2012/3/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人東京農工大学岩本薫
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約動力削減効果のレイノルズ数依存性の調査し、レイノルズ数に依存しない動力削減効果を確認した。
641ケースの波形パターンの調査を実施し、脈動周期10(無次元量)、及び無次元化した圧力勾配は約4が最適値であることが示された。また、これらの最適値はポンプに依存しないことも分かった。
ポンプと発電機併用装置を用いた場合、正味の動力削減率が44%になることを示した。
英文要約The energy saving rate is independent on the Reynolds number.
The time traces of the pressure drop of 641 cases were examined. It was confirmed that the optimum nondimensionalized cycle period and pressure drop are 10 and 4, respectively. In addition, these optimum values are independent upon the type of pumps.
The net maximum energy saving rate is 44% by using both a pump and a power generator.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る