成果報告書詳細
管理番号20110000001752
タイトル平成22年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業FS 既設ダムにおける立軸バルブ水車を用いた水力発電技術実証事業(インド)
公開日2012/3/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名富士電機システムズ株式会社 株式会社東北開発コンサルタント 住友商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約インドにおいては、急速に成長する経済に対して、電力不足が深刻な状況であることから、再生可能エネルギーの開発に積極的であり、中でも水力は包蔵水力の22%しか開発されておらず、今後優先的に開発される地点を有する。また、電気法で独立電源設置の自由化・コジェネレーションと再生可能エネルギーの促進が謳われているし、州電力規制委員会でも電気料金政策を定めている。そして、25MW以下の小水力発電は再生可能エネルギーに分類され、5ヵ年計画においても発電設備容量増強を目標としており、助成制度を有効活用し、第11次5ヵ年計画にて91200MWの新規電源開発を、さらには第12次5ヵ年計画、第13次5ヵ年計画と制定されており、発電容量が455,100MWに到達する見込みである。一方、インドにおける二酸化炭素排出量は1990年の6.1億tから2005年には11.5tへと倍増しており、2030年までの期間においては年率4.3%で伸びると予想されており、省エネルギーや再生可能エネルギー推進を実施している。インドの電気事業は、中央セクター、州セクター、民間セクターに分かれおり、、電力融資公社や電化公社などが、発電事業・電化事業に対して融資している。ここで、インド内部の4つの州をターゲットに調査を実施し、最終的にはケララ州において2地点、カルナタカ州において3地点の合計5地点を今回のFS候補地点とした。そして、決定した5地点において、流量・落差・出力を概略レベルで計画し、取水口・放水口・発電所の計画位置を検討し、水車出力、アクセス、送電線までの距離、ダムの種類、水路長、ロケーション、発電計画、ドキュメント、水量などの項目について評価し、ケララ州におけるパザシ地点を、今回のFS調査地点として決定した。次に、発電所位置、取水方式、流量を検討したうえで、落差・回転数・発電出力を検討し、設計設備の基本仕様・設備概要を計画し、インド側と日本側における業務分担を明らかにして、それぞれの概略金額を算出した。本事業においては、設計から有水試験まで3年を有する計画である。また、インドにおいては非常に大きなポテンシャルを有しており、本技術はまだ日本固有の技術であるため、今後普及開発が進むことが十分に考えられる。インド南部における、水力発電による二酸化炭素排出量削減効果の係数は0.9023・CO2トン/kWhとなっている。これを踏まえると、本モデル事業の立軸バルブ導入による、二酸化炭素削減効果は61,694・CO2トン/年となる。立軸バルブ水車は、従来の立軸カプランより一般的に土木コストが安価であり、土木費用が削減できる地点の選定と機器費のコストダウンにより普及可能である。一方、インド国内において162地点、50,000MWの開発可能性調査が実施されており、この中には立軸バルブ水車の適用範囲となる地点が17地点含まれている。そして、立軸バルブ普及時の適用できる資金調達スキームとしては、PFCからのLoan、RECからのLoan、円借款などが挙げられる。そして、普及活動においては、優先順位を設定して、モデル事業開始と同時に現地調査・セミナー・プレゼンテーション実施していく。インドは1993年11月に国連気候変動枠組み条約、2008年8月に京都議定書にそれぞれ批准しており、CDMは環境森林省の所管であり、2003年12月に同省内にCDM庁が設置された。
英文要約Title: International Energy Efficient Technology Promotion Project Feasibility Study for Model Project Hydro Power Plant Expansion Project utilizing existing dam by Vertical Bulb Turbine Fy2010 Final Report
Power supply at India is deficient for rapidly growing economy. In order to increase power supply in environmentally friendly way, Indian government is driving renewable energy. Especially, since only 22% of the potential hydro power has been developed so far, the development of the hydro power is one of the preferable policy in India. In Electricity Act(2003), the liberalization of developing independent power source, the promotion of co-generation and renewable energy are set. In addition, SERC has set up the electricity tariff policy for renewable energy. In Indian policy, hydro energy smaller than 25MW is classified as renewable energy and is focused in 5 years plan. In 11th 5 years plan, the development of 91,200MW is planed. In addition, 12th and 13th 5 years plan are being set up, in which the capacity development is aimed at 455,100MW. In India, CO2 emission has doubled to 1.15 billion t-CO2(2005) from 0.61 billion t-CO2(1990). Until 2030, it is expected that the CO2 emission will increase by 4.3% each year. In order to restrain emission, Indian government is driving the energy saving and promotion of renewable energy. Indian power business is supported by Central sector, State sector, Private sector. PFC and REC is the major financing facility in India. As a result of preliminary study, 5 sites were selected as the final candidate for feasibility study (2 sites in Kerala and 3 sites in Karnataka). In 5 potential site, the head, discharge, output was estimated to search for the optimal place. In view of the output, discharge, site access, distance to grid, dam, etc, Pazhaassi dam in Kerala state was selected as the site for detailed feasibility study. In consideration of the position of power machines, intake system, discharge, the basic design was made, based on the division of work at Japan and India, the approximate figure of total cost was calculated. The prevalence of the vertical bulb is expected since it has a lot of potential sites which would be suitable for the technology. In southern India, CO2 emission coefficient is 0.9023 t-CO2/kWh. Considering this, the effect of CO2 emission reduction is 61,694 t-CO2/year. ince vertical bulb generally has advantage in civil cost reduction compared with Kaplan turbine, it has big potential for prevalence, if the project site, where civil cost is low, is selected, and the equipment cost is reduced. In India, it was done the survey of potential possibility for 162 sites (50,000MW), out of which at least 17 sites would be suitable for vertical bulb in terms of net head and discharge. In India, loan from PFC, loan from REC, yen credit is available in order to promote the vertical bulb turbine in India. After the start of model business, the prevalence activity will go along with the site survey of second potential site, promotion of technology at seminar, etc. Indian government has signed UNFCCC in 1993, and Kyoto Protocol in 2008. CDM is now under the control of Ministry of Environment and Forest and the division of CDM was established in the Ministry in 2003.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る