成果報告書詳細
管理番号20120000000063
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 インド共和国における太陽熱発電技術導入可能性に関する調査
公開日2012/3/27
報告書年度2011 - 2011
委託先名野村総合研究所 三井造船株式会社 三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約株式会社野村総合研究所、三井造船株式会社、三菱重工株式会社は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて、インドDMIC6州(ウッタル・プラデッシュ州、ハリヤナ州、マディヤ・プラデッシュ州、グジャラート州、マハラシュトラ州、ラジャスタン州)における、日本の太陽熱発電に関連する技術の導入可能性および導入後のO&M事業や発電事業の運営を行うためのビジネスシナリオや課題等の明確化に向けた調査検討を行った。
調査検討の結果は、以下の通りである。
 インドは、DNIが 最低でも2,000kWh/m2/y以上あることに加え、中央政府が2022年までの太陽エネルギー導入目標を20,000MWに設定しており、太陽熱発電事業者にとって世界有数の事業機会のある国として位置づけられる。
 DMIC6州の中では、DNIの強さ、地方政府の太陽熱発電導入促進に向けた意欲、インフラの整備状況を鑑みるに、グジャラート州、ラジャスタン州、次いでマハラシュトラ州が有望市場である。
 特に、グジャラート州、ラジャスタン州には、事業者にとって好条件のソーラーパークやISCCを導入可能な既存火力発電所、新設火力発電所計画が複数存在している。
 このようにインドは市場ポテンシャルがあるものの、太陽熱発電事業者の参入はまだその途についたばかりである。AbengoaやAccionaといった大手グローバルプレイヤーは静観、一部の準大手グローバルプレイヤーとインド企業とが提携して、試験的に事業を開始しているに留まる。2011年9月時点で、把握できる限り、稼働中のCSPプラントは1件、建設中のプラントは3件に留まる。
 これは、インドにおける太陽熱発電のFITの入札開始価格がPVよりも低く、かつ確立した技術を保有しないインド企業が投機目的で低価格応札を行った結果、マネーゲームの様相を呈してしまい市場が一時的に乱れたことが背景にある。
 この問題は政府当局も一定程度理解しており、今後PVのFITは下げるものの、太陽熱発電のFITは据え置きにして、市場の適正化と太陽熱発電導入促進を図る可能性が高い。また、世界的にも数年内に太陽熱発電の事業コストも低減してくることが予想できるため、数年内にインドの太陽熱発電市場が大きく立ち上がり、競争も一気に激化してくるものと考える。
 上述のような特性をもつインド市場に日本勢が参入するためには、インドのFITに適応できるコストダウン(1.5~2億Rs/MWの達成)が最低限必要となってくる。そのためには、インド企業と、デベロップメント、ファイナンス、部品供給、建設、O&Mなどで提携することが何よりも重要となってくる。本調査では、数年後には、日本勢は上記コストダウンが実現できることも確認した。
 なお、インド市場において、日本勢が勝ち抜くためには、グローバル勢が足踏みしている状況だからこそ早期に参入し実績と技術スタンダードを築くこと、確立した太陽熱発電技術がないインドだからこそ安定した品質でプラントを設置すること、インドのインフラ産業の発展に寄与するような技術・情報供与ができることが鍵になってくる。
 また、日本政府が、中央政府や有望州政府と有効な関係を構築し、日本勢の本気度を伝えることも有効となってこよう。
英文要約Nomura Research Institute (NRI), Mitsui Engineering & Shipbuilding Co. Ltd (MES) and Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. (MHI) were entrusted by NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization) the “Fundamental Research Project on the Feasibility to introduce Solar Thermal Power Plants in India”. This research project aims to investigate the feasibility of introducing Solar Thermal Power plants by utilizing technologies of Japanese enterprises in DMIC area; Haryana, Madhya Pradesh, Uttar Pradesh, Rajasthan, Gujarat and Maharashtra, and to evaluate the business scenarios and some issues to consider when developing Solar Thermal Power business in India.
The main results of the research are as follows:
 India is one of the most promising countries for Solar Thermal Power business, because of its high DNI -more than 2,000kWh/m2/y-, and of the ambitious policy target -20,000MW installation of solar power by 2022.
 Among the DMIC 6 states, Rajasthan and Gujarat are evaluated with promising results judging from such viewpoints as: DNI, State government’s motivation for installing Solar Thermal Power and infrastructure building status. Following the two states, Maharashtra also has the potential.
 Especially in Rajasthan and Gujarat, there are some solar parks which offer favorable conditions for business operators and some existing/planning thermal power plants are suitable for ISCC.
 Although India has such market potential of Solar Thermal Power, only a few enterprises have started their business. Global first-tier enterprises such as Abengoa and Acciona still wait and see the market condition, and global second-tier enterprises such as Ener-T and SkyFuel try developing their business in cooperation with Indian local enterprises on a trial basis. As far as we could research, there are only one plant operating and three plants started construction.
 This is because the market had been stirred resulting from the competitive bidding process: Indian local enterprises which have no Solar Thermal Power technologies bid at a FIT far lower than global standards for speculation purposes.
 The governmental authority is concerned of this market situation, and may try encouraging Solar Thermal Power installation by adjusting the bidding condition and FIT price level. In addition, the investment cost of Solar Thermal Power will decrease worldwide, and the decrease in cost will bring the market growth and increase competition.
 The necessary condition to enter the Indian market is to achieve 150-200M Rs/MW with cost reduction which has some competitiveness in India. In order to achieve this cost reduction, it is essential for the Japanese enterprises to collaborate with Indian local companies in development, finance, manufacturing and procurement, construction and O&M.
 We conclude the key factors for the Japanese enterprises to survive in the Indian market are: A. Establishing technological standards in India ahead of global competitors which are yet to fully enter the market; B. Constructing stable quality plants; C. Transferring technology and information which can contribute to the development of Indian infrastructure industry.
 In addition, in order to encourage this business in India, we consider it is also effective for the Japanese government to build a good relationship with the National and state governments.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る