成果報告書詳細
管理番号20110000000326
タイトル平成22年度成果報告書 脱フロン対策分野に関する情報収集事業
公開日2012/4/6
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名環境部
和文要約背 景
本調査は、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書(Montreal Protocol on Substances that Deplete the Ozone Layer)が対象とするオゾン層破壊物質(Ozone Depleting Substances : ODS)と、京都議定書(Kyoto Protocol)が対象とする物質のうち、ハイドロフルオロカーボン(hydrofluorocarbons : HFC)、パーフルオロカーボン(perfluorocarbons : PFC)、六フッ化硫黄(sulphur hexa fluoride : SF6)が使用されている分野を対象としている。
日本では、ODSの新規使用は既に禁止されており、現在の研究開発の対象は、HFC、PFC、SF6に向けたものとなっている。
我が国は、京都議定書に基づく温室効果ガス(Greenhouse gases)の排出削減量が目標として定められており、温室効果ガスであるHFC、PFC、SF6の使用及び排出の削減が求められている。
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(New Energy and Industrial Technology Development Organization : NEDO)は、この分野を脱フロン対策分野と名付け、対象物質の使用及び排出の削減に寄与する技術開発について、技術マップと技術ロードマップを作成してきた。
目 的
本調査は、オゾン層破壊物質とHFC、PFC、SF6が使用されている、冷凍空調、発泡剤、産業洗浄、半導体等製造、金属鋳造、重電機器の分野において、これまで作成されてきた、技術マップと技術ロードマップの更新を目的とする。
内 容
本調査では、脱フロン対策分野の技術マップと技術ロードマップの更新を行った。
更新が行われた技術マップの主な内容は次の通り。
* 分野の名称を、脱フロン対策分野からフロン対策分野に変更した。この理由は、技術開発のテーマとして、低い温室効果を有するフロン系物質を取り扱う可能性を残すことにある。
* 今回の改訂では、詳細技術毎の技術開発の課題を明確にするため、技術マップの項目を、各技術開発に対応した「技術開発の課題など」に変更した。
* 冷凍空調機器分野は、フロン類以外の冷媒の使用と冷媒を使用しない技術、低温室効果新冷媒の開発の3つの視点から、技術開発が進められている。安全性と効率性の確保がポイントとなっている。
* 発泡・断熱材分野は、フロン類以外の発泡剤の使用、低温室効果のためフロン類にフロン類以外の物質を混合した発泡剤の使用、新たな断熱材の開発という3つの視点から、技術開発が進められている。
* エアゾール分野と金属製造については、新たにHFC-1234zeの使用に関する技術開発が追加された。
英文要約Background
This study covers substances which are defined by the Ozone Depleting Substances of Montreal Protocol on Substances that Deplete the Ozone Layer and HFC, PFC and SF6 in the Greenhouse gases covered by Kyoto protocol.
In Japan, use of ODS is already forbidden, and the purpose of the present research and development is to for HFC, PFC, SF6.
Japan has a target of total amount of emission reduction of the Greenhouse gases regulated by the Kyoto Protocol, and also has own target of emission reduction of HFC, PFC, SF6.
New Energy and Industrial Technology Development Organization named this field the area of countermeasure for Fluorocarbon, and have been developed the technological map and the technological road map about research and development for reduction of usage and emission of target substances.
Purpose
The purpose of this study is to update the technological map and the technological road map which have been developed for the area of refrigeration and air-conditioning, form, industrial cleaning, manufacturing semiconductor, casting of metal and heavy electric machinery.
Contents
The technological map and the technological road map were updated in this study.
The main contents of updating are as follows.
* The title of this field was changed from the area of countermeasure forwards non-fluorocarbon to the area of countermeasure for fluorocarbon. This reason is to remain the possibility of using the fluorinated substance with low impact for global warming.
* In order to identify issues of research and development of each technological development, this update made new item of the issues for technological development in the technological map.
* In the area of refrigeration and air-conditioning, the technological development is progressing from three viewpoints such as use of non-fluorocarbon refrigerant, free from refrigerant and refrigerant with low impact for global warming. Security of safety and efficiency is the point.
* In the area of form, the technological development is progressing from three viewpoints such as use of non-fluorocarbon blowing agent, mixture fluorocarbon and non-fluorocarbon substances in order to realize low impact for global warming.
* In the area of aerosol and casting of metal, the technological development about use of HFC-1234ze is newly added.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る