成果報告書詳細
管理番号20110000000959
タイトル平成22年度成果報告書 情報収集事業 化学物質リスク削減分野に関する情報収集
公開日2012/4/6
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名環境部
和文要約ヒトあるいは環境に悪影響を与える可能性のある化学物質のリスクを管理するためには、まず、リスクアセスメントに基づき、重点的に取り組まねばならない物質を見極めた上で、社会的情勢も踏まえながら、適切な規制の導入を進める必要がある。
経済産業省は、平成22年6月に「化学物質リスク削減分野における技術マップ及びロードマップ」の最新版を公表した。本調査では、この技術マップ並びに技術ロードマップに基づき、昨年度においてリストアップされた重要技術および一般技術について、情報収集と技術検討を行い、分類の細分化等のレベルを揃えて再整理した上で、重要技術を更に絞り込んだ技術マップの作成を行った。またその結果を踏まえ、ロードマップに関しても共通する技術群を束ね、アップデートしたものを作成した。技術俯瞰図に関しては、昨年度のものを基本として、上記検討を行った結果に応じて改訂を行い、大気・水域・土壌・廃棄物の各分野で重点的に取り組むべき物質や注目技術などを分かりやすくまとめた。
英文要約For the management of chemicals which have possibilities to bring about significant adverse effects on human health and the ecosystem, we should first identify such chemicals to be addressed based on the risk assessment and then reduce the risks by introducing appropriate regulations in view also of circumstances of the society as well.
Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) has pressed the new "Strategic Technology Roadmap (STR) 2010" in June 2010. The technology maps with a number of key technologies listed on them have been used for national policy-making.
In this research, we revised the technology maps through reconsideration of importance and priority on each technology listed last year after having reviewed the classification methodology, addressing the weak point of irregularity of scope among the technologies with which some technologies were divided into too small portions out of the valance to the others.
Based on the same classification the technology road maps were also brush-upped.
As a summary of the total research, last year's bird's-eye view of the technologies was revised so as to clearly locate the main materials to be addressed and noteworthy technologies over targeted realms of ambient, water, soil and wastes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る