成果報告書詳細
管理番号20110000001245
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08C46542a 生細胞内多種タンパク質間相互作用を同時検出する発光スクリーニング法の開発 平成21年度中間
公開日2012/4/14
報告書年度2009 - 2009
委託先名東京大学小澤岳昌
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約GPCRとβ-arrestinタンパク質との相互作用を指標とした、GPCRに作用するケミカルライブラリースクリーニング用細胞を新たに4種類開発した。開発した細胞は、96穴マイクロプレート上でリガンド刺激後わずか10~20分で高感度にアッセイできることを実証した。また、ERスクリーニング系の開発では、リガンド刺激に対して60倍以上のS/N比を示すプローブ開発に成功した。マルチカラールシフェラーゼの開発では、大腸菌にルシフェラーゼ変異体を発現させ、色変異体のルシフェラーゼを選択的に回収できるスクリーニング系を開発した。ランダムに遺伝子変異を導入したルシフェラーゼから、最大発光波長が627nmを示す赤色ルシフェラーゼ変異体を作製することに成功した。
英文要約We developed four G-protein coupled receptors (GPCR) screening systems based on the interaction between GPCR and β-arrestin on the plasma membrane. By generating cell lines stably expressing the GPCRs and β-arrestin connected with the luciferase fragments, we demonstrated rapid and sensitive screening of potential chemicals that act on GPCRs using a 96-well microtiter plate format. Using a pair of click beetle luciferase fragments, a probe for estrogen-like chemical compounds was developed using estrogen receptor. We demonstrated that the bioluminescence increased 60 fold upon ligand stimulation. For the development of luciferase color mutants, we have succeeded in obtaining a red-color mutant with its emission maximum at 627 nm by means of a random mutagenesis approach.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る