成果報告書詳細
管理番号20110000001296
タイトル平成22年度成果報告書 情報収集事業 環境負荷の少ない新規機能性化学品の製造プロセス分野に関する情報収集
公開日2012/4/26
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ 神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名環境部
和文要約本調査の目的は、環境負荷の少ない新規機能性化学品及び製造プロセスに関する情報収集を行ない、今後日本化学産業として重点的に開発すべき分野を絞り込むとともに、持続的社会を構築するために、国として取り組むべき環境負荷低減を可能とする新規機能性化学品並びにその製造プロセスにおける革新的技術の抽出を行うことである。化学産業は、様々な場面で我々の生活に貢献しており、身の回りの製品の原材料としての活用のみならず、エネルギー、環境、交通、通信、エレクトロニクス、医療、健康、ナノテクノロジーなど様々な分野で無くてはならない産業となっている。一方で化学産業は、その製品が日常的には目にとまりにくく、一般的にはわかりにくい産業であることも確かである。我々の生活を豊かにし持続的な社会を構築するためには、多種多様な機能を有した新しい化学品を開発し続けることも重要であるが、製造工程において環境に負荷を与えるような化学品やそれらの製造プロセスを極力排除していく必要もある。本研究調査では、日本化学産業として重点的に開発すべき分野、加えて持続的社会を構築するための国として取り組むべき環境負荷低減を可能とする新規機能性化学品並びにその製造プロセスにおける革新的技術の抽出を行った。ユーザー産業として自動車・機械分野および電子・電気分野を重点調査対象とし今後の動向を調査した。それら機能性化学品のニーズとマッチした化学産業における技術シーズをもとに、環境負荷の少ない新規機能性化学品および製造プロセスに関する研究テーマを産官学の有識者から募り、GSC評価、産業競争力・創生力、期待される市場規模および事業化実現可能性による評価を行い、プロジェクト候補テーマ10件を選定した。選定したプロジェクト候補テーマについて、財団法人化学技術戦略推進機構のご協力の元、同機構の賛助会員各社へアンケートを行ない、プロジェクト候補テーマの回答における事業との関連およびプロジェクトへの参画希望について調査した。さらに、各プロジェクト候補テーマについて環境負荷低減効果の評価を加え、上記アンケート調査結果と併せてプロジェクト候補テーマを精選し、それらについて国家プロジェクト立案のためのグランドデザインを作成した。
英文要約The purpose of this study is to gather information about the new functional chemicals and manufacturing processes with low environmental impact, and to extract innovative technology in the new functional chemicals and its manufacturing process which make it possible for a nation to address to reduce environmental impacts to build a sustainable society with narrowing the focus areas for development in the chemical industry in Japan.
The chemical industry has not only contributed to our lives in many aspects, like household articles around us, but also has been essential to various fields such as energy, environment, transportation, communications, electronics, medical, health, and nanotechnology. On the other hand, chemical industry is generally incomprehensible for common people, because its products are hard to catch eye routinely. To build a sustainable society and enrich our lives, it is important to continue to develop new chemical products having a great variety of functions, and, in addition, it is necessary to remove chemical products and those manufacturing processes which give environment load in process of manufacture as much as possible.
In this research, the focus areas for development in the chemical industry in Japan, and innovation in the new functional chemicals and its manufacturing process that allows to reduce environmental impacts as a nation to build a sustainable society were extracted.
Focused on automotive, machinery sectors and electronics and electrical fields as a representative of the user industry, future trends were surveyed.
Based on technological seeds in the chemical industry that matches their needs for functional chemicals, research subjects were recruited from industry-government intellectuals on the new functional chemicals and manufacturing processes with low environmental impact, and GSC assessment, industrial competitiveness, the power of creation, and the expected market size and commercialization feasibility were evaluated. Finally, ten candidates themes of the project were selected.
In cooperation with the Japan Chemical Innovation Institute, a survey for the institute's member companies was conducted on selected proposed projects subject, and the response operations in relation to the candidate project theme and the potential research project participation were also investigated.
Furthermore, in addition to reducing the environmental impact assessment of proposed themes for each project , pick a theme for potential projects in conjunction with the above survey results, the grand design was created for planning a national project for them.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る