成果報告書詳細
管理番号20110000001482
タイトル平成22年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A07205d 導電性高分子を用いた高性能ソフトアクチュエータの開発とパワーアシストスーツへの応用 平成22年度中間
公開日2012/4/14
報告書年度2010 - 2010
委託先名山梨大学奥崎秀典
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)/ポリ(4-スチレンスルホン酸)(PEDOT/PSS)にPSSを添加したフィルムを新たに作製した。フィルムの最大電気収縮率はPSS含有量および相対湿度とともに増加し、PEDOT/PSS93フィルムで7%(70%RH)に達した。フィルムの収縮率が増加するのは、1.フィルムの伸縮を妨げているPEDOT/PSS間の水素結合がPSS添加により弱められる、2.含水率の上昇とともにフィルムは膨張し、電圧印加により水分子の脱着量が増大するためと考えられる。
英文要約Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) doped with poly(4-styrenesulfonate) (PEDOT/PSS) films with various PSS contents were newly prepared by casting. The maximum contraction of the film by application of an electric field increased with increasing both PSS content and relative humidity, where the value attained 7% for the film with 93% of PSS at 70 %RH. The significant increase of the film contraction was associated with (i) the extra PSS prevented from hydrogen bonding between adjacent PEDOT/PSS particles that suppressed dimensional changes of the film; (ii) with increasing the RH, the film expanded due to the water vapor sorption, which led to the large film contraction under the electric field by desorption of water vapor via Joule heating.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る