成果報告書詳細
管理番号20110000001484
タイトル平成22年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08C46020a 三重らせん形成を駆動力とするコラーゲン選択的な生体適合性架橋剤とエキシマレーザー技術の融合による革新的角膜治療技術の開発 平成22年度中間
公開日2012/4/14
報告書年度2010 - 2010
委託先名大阪大学西田幸二
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約昨年度得られた研究成果より、本研究で合成した架橋剤がI型コラーゲンへの高い選択架橋特性を有していること、また、実際の角膜組織に対して有意な架橋効果を示すことを見出した。本年度は、角膜実質治療における注入可能な革新的人工実質の作製を目的として架橋剤とコラーゲンの混合条件の最適化を行った。その結果、透明性に最適なコラーゲンの溶解方法、架橋剤とコラーゲンの濃度、混合比を見出すことに成功した。
治療効果を確認するために、病態モデルの開発を行った。フェムトセカンドレーザーにて切開した実質中層に色素を注入することにより、実質中層に限局した混濁を有する病態モデルの作製に成功した。続いて、レーザーにて切開、切除した実質ポケット内に架橋剤とコラーゲンの混合物を実質内に注入したところ、注入部の実質が透明化し、組織学的検討において人工実質層が確認できた。
また、架橋剤による水疱性角膜症の治療効果を確認するために、病態モデルに対し架橋剤点眼を行い、角膜厚測定により効果を評価した。その結果、コントロール群と比較して、有意に角膜厚が菲薄化し、本架橋剤が水疱性角膜症治療に有効であることを確認した。
以上より、本年度の研究計画を予定通りに推進することができた。さらに、当初の予定を超えた治療効果を示唆する動物実験結果が得られたため、臨床応用へつながる重要な研究成果を得ることができた。具体的には、本架橋剤とコラーゲンの混和物により透明な人工実質層が形成できること、また、本架橋剤が水疱性角膜症モデルに対し治療効果を有することを見出した。これらの成果をもとに、眼科用医療機器の開発、販売で大きな実績を有するH社と本治療法の実用化にむけて、共同研究契約締結の手続きを具体的に進めている。
英文要約From the results of last year research, the high specificity of the gelators to fibrous collagens and the significant crosslinking effect to corneal tissues were elucidated for the first time. In this year, the fabrication methods of disease-model animals were developed for the verifications of therapeutic efficiency of these gelators. The mixtures of the gelator and collagen were injected into the pocket fabricated by the excimer laser surgery in the corneal stromal. In the result, the mixtures turned to be transparent and the artificial cornea stromal layers were confirmed in histologic investigation. For the verification of therapeutic efficiency of the gelators against the bullous keratopathy, the gelators were instilled into disease-model rabbits and the thicknesses of the cornea were investigated. The thickness of the corneas after treatment became significantly thinner compared with the control group. Thus, the effectiveness of the gelators against bullous keratopathy was ensured.
From the results of this year research, we found that the gelators turned into transparent artificial cornea stromal after injection into native cornea stromal and had therapeutic efficacy against bullous keratopathy models. Currently, it is scheduled to enter into the joint research for practical applications with Company H, which have proven track record in the fields of intraocular lenses and contact lenses. Because the therapeutic efficiency against disease models was ensured, the study should drastically proceed for medical application.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る