成果報告書詳細
管理番号20110000001487
タイトル平成22年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08C46216d 神経障害後の運動麻痺・感覚異常に対するリハビリテーションロボットスーツとナレッジデータベースシステムに基づいた在宅リハビリテーション支援システムの開発 平成22年度中間
公開日2012/4/14
報告書年度2010 - 2010
委託先名東京大学住谷昌彦
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約1)患者情報収集ソフトウェアから運動機能についてのデータを抽出、蓄積するデータベース(最大のべ6万人分)を開発した。
2)患者の病状回復に対する線形回帰から予後予測を行い、個々の患者のリハビリ進捗状況を確認できる機能の開発に着手した。
3)リハビリロボットスーツの関節運動負荷を作動筋/拮抗筋に電気刺激を与えることによって調節できる機能を開発した。
4)リハビリロボットスーツの関節角度計測機能を開発した。
5)左右下肢用リハビリロボットスーツを協調交互運動させることによる歩行補助装置を開発した。
6)リハビリロボットスーツ使用時の脳機能画像計測を開始した。
英文要約1) We developed the knowledge database which integrates clinical data from each software for collecting respective patients’ rehabilitation assessment data. The database can accumulate total up to 60,000 patients’ data at the present moment.
2) We developed the prototypical function which predict respective patients’ prognosis from the linear regression analysis. On the basis of this function, medical service providers would assert respective patients’ progress of their treatment.
3) We developed the prototypical adjustment function of the load of the rehabilitation robot-suit by electrically stimulate active and antagonist muscles.
4) We developed the measurement function of range of functions of the joints in the affected limb, equipped in the rehabilitation robot-suit.
5) We integrated and evolved two rehabilitation-supporting robotic devices for left and right lower-limbs into one prototypical power-assist and walking-supporting robotic device.
6) We have investigated the functional brain imaging study using the rehabilitation robot-suit by means of near-infrared spectroscopy.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る