成果報告書詳細
管理番号20110000001543
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09C46073a 進化模倣アルゴリズムを用いてアプタマーモジュールを組み合わせる高機能アプタマー探索法の開発 平成22年度最終
公開日2012/4/14
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人東京農工大学池袋一典
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約VEGFに結合するアプタマー2種、Aβのオリゴマー、Proteus mirabilisに結合するアプタマーのin silico maturation法による改良を試みた。VEGFアプタマーは、目標に定めていた臨床で用いられているアプタマーよりも強い結合能を持つアプタマーの同定に成功した。P. mirabilisに結合するアプタマーにおいては結合特異性向上に成功し、本手法が結合能・阻害能のみならず、結合特異性をも改良可能であることを示した。
英文要約We succeeded in improvement of affinity of VEGF aptamer and Amyloid beta oligomer aptamer. Especially VEGF aptamer has Kd = 30 pM that is better than the aptamer which is in the market now.
We succeeded in improvement of specificity of aptamer that binds Proteus mirabilis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る