成果報告書詳細
管理番号20110000001547
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A01029a 遺伝子情報からのタンパク質群の高感度一斉定量システムの開発 平成22年度最終
公開日2012/4/14
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人東北大学大槻純男
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約昨年度構築した従来型選択基準を用いて新たなタンパク質から定量に適する定量標的ペプチドを選択し、十分な感度を有するペプチドを選択することに成功した。また、セルフリー系での発現量を上昇させる改良型発現ベクターの作成に成功し、合成したタンパク質を用いて最適化及び定量に成功した。さらに、二段階消化法によって。タンパク質の消化効率を改善させた前処理法を構築した。
英文要約Using novel selection criteria, the target peptides for quantification was able to be selected with enough sensitivity. We have also established new expression vector for cell-free system, and succeeded to perform quantification using synthesized protein containing target peptides. Trypsin digestion efficiency was improved by 2 step digestion.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る