成果報告書詳細
管理番号20110000001555
タイトル平成20年度成果報告書 新エネルギーの系統連系に関わる国内外の技術調査
公開日2012/4/14
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05017
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約化石エネルギーは、薄く広く分布する太陽のエネルギーを長い年月を掛け濃縮・蓄積したものであり、人類はこれを消費することにより発展を遂げてきた。いわば、“時間の積分”の結果としての化石エネルギーに依存してきたと言ってよい。他方、太陽から地球に供給されるエネルギーは、一時点だけをとっても膨大である。これを活用するためには、広く薄く分布する太陽からのエネルギーを集積すること、即ち”面の積分”が必要である。この”面の積分”こそ、電力ネットワークが果たすべき役割である。この”面の積分”にあたっての面積は、広ければ広いほど平滑化の効果、ひいては安定化を期待できる。しかし、現時点ではこれを実現できる技術オプションは存在しないため、蓄電池等を補完的に活用することにより、局所的な範囲での最適化を図る必要がある。
本報告書は、電力ネットワークのあるべき姿を描き出すための基本的な情報を提供すること目的としている。即ち、現在の電力供給ネットワークを制約条件とし、近未来(2030~2050年)における電力供給ネットワークの姿を見据えつつ、1.再生可能エネルギー導入の動向、2.再生可能エネルギー大量導入に伴う電力ネットワークの課題点、3.日本におけるこれまでの研究成果(NEDO、その他)、4.欧米における動向、5.今後の技術開発の方向性について取りまとめを行ったものである。
欧米では、Smart Grid(あるいはSmartGrids)と銘打って、新たな電力供給システムの検討を始めている。これに対し、日本は、再生可能エネルギーおよびその系統連系技術においては、欧米を先行する実績を積み上げてきた。他方、エネルギー源およびその供給方法についても様々な選択肢が存在し、ひとつに絞ることは極めて難しい。こういった状況のなか、資源を持たない我が国にとって、どのような電力供給システムが望ましいのか、また、日本が世界に対してどのように貢献し得るのかを考察するため、現時点での我国の到達点、および今後の方向性を判断するにあたっての基本的な情報を取りまとめたものが本報告である。
英文要約Fosill Fuel, whichi we are now depending on, are the integration along time of solar power that widely but sparsely spread out. Solar power is vast. If we can accumulate or “integrate” solar power on the surface of the earth at a single time, we will be supplied with as much energy as we need. That is the important role electric power networks are supposed to play. As wide is the area to which an electric network covers, total energy fluctuation will be evened out, and we will attain more reliable and stable energy supply. At this time of time, we don’t have any option to realize this goal, so it is necessary to exploit energy storage systems until we are able to accomplish that goal.
The purpose of this report is to supply imformation to dipict future’s electrical grids. Under the constraints that come from the present grids, we tried to show the following:
1) trend of renewable energies in the world,
2) issues on electric networks regarding to intermittent renewable energies,
3) achievements in Japan to sole the above issues,
4) development in the world to sole the the above issues,
5) a path we should take to achive the goal.
In Europe and north America, “smart grid” is now attracting much attention. Japan has been working to achive the same goal as “smart grid”, and is now leading the world. But it’s true that we have too much alternatives. You would get crues to what we shoud do and what we can do in this complicated and crucial field. We claim that communication network and control of domestic appliance is the key factors for the futre energy supply systems.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る