成果報告書詳細
管理番号20110000001556
タイトル平成22年度成果報告書 米国ハワイ州・日本国沖縄県における日米共同スマートグリッド構想立案に関する調査
公開日2012/4/6
報告書年度2010 - 2010
委託先名イーソリューションズ株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本調査では、米国ハワイ州と日本国沖縄県において日米共同でスマートグリッド構想を立案するにあたり、その意義やハワイと沖縄の現状など大きく6の観点で調査を行った。
(1)ハワイ・沖縄の利点と日米協力の意義 ハワイと沖縄はともに離島であり、類似の自然環境と社会環境を持っている。また、両地域とも歴史的に日米両国との関係が深い地域である。両国で技術的補完を行いこの地域で離島型モデルを共に構築することは両国にとってメリットが大きい
(2)ハワイの現状 ハワイはエネルギー源を化石燃料に依存している。2030年までにエネルギーの70%をクリーンエネルギーへ転換することが州法により義務付けられた。ハワイの電力供給の95%を担うHawaiian Electric Industries, Inc.は、安定的な電力供給に向けて増加する再生可能エネルギーによる諸問題の解決が迫られている。交通や観光業の現状を踏まえ、ニーズと制約条件を検討した。
(3)沖縄の現状 沖縄はハワイ同様にエネルギーを化石燃料に依存している。沖縄電力が地域の電力供給を担っており、低炭素化に向けた取組みを行っているが、現在のところ再生可能エネルギーの導入量が少ない。交通や観光業の現状を踏まえ、ニーズと制約条件を検討した。
(4)日米共同スマートグリッド 日米で実施されている実証実験を踏まえ、両国が保有する実証実験ノウハウを概観した。日米両国は米国ニューメキシコ州で既に共同実証実験を実施しており、その経験も踏まえハワイ・沖縄へノウハウを活用すべき。
(5)ハワイ・沖縄モデルの「ショーケース」化 ハワイ沖縄スマートグリッドモデルを「ショーケース」とし、ハワイ州・沖縄県現地における「視覚化」及び「体験」と、他地域における「広告宣伝」により、日米のスマートグリッド技術、政府の環境への取組み、ハワイ・沖縄の新たな観光資源について、マーケティングに活用すべき。
(6)今後の展望 2011年のAPEC首脳会議にて世界に発信し、アメリカとアジアにおける環境/エネルギー/ITの中核的拠点をめざすべき。
英文要約Title: Research on the Conceptual Planning of Japan-US Smart Grid in Hawaii State and Okinawa Prefecture (FY2009-FY2010) Final Report
The purpose of this survey is to clarify the significance of proposal of smart grid that jointly developing by Japan and U.S.. This study is mainly focused on following six topics, such as significance of Japan-U.S. cooperation and current situation of Hawaii and Okinawa.(1)Advantages of Hawaii and Okinawa and significance of Japan- U.S. cooperation Both Hawaii and Okinawa is an isolated island, therefore they have a similar natural environment and social environment. In addition, both places have strong historical ties to Japan and U.S.. Japan and U.S.’s technical complement on joint development of an isolated island model in those areas brings substantial merit to Japan and U.S.. (2)Current situation of Hawaii Hawaii is relying on fossil fuels as energy source. Hawaii law obligates to shift 70% of energy to clean energy. Hawaiian Electric Industries, Inc., who supplies 95% of power generation in Hawaii, compelled to solve various problems with renewable energy towards stable power supply. In keeping with current situation of transportation and the tourist trade, we examined needs and restrictions. (3)Current situation of Okinawa Okinawa is also relying on fossil fuels as energy source. Okinawa’s local power producer and supplier, the Okinawa Electric Power Company taking approaches towards realization of low-carbon, but introduced amount of renewable energy is limited. In keeping with current situation of transportation and the tourist trade, we examined needs and restrictions. (4)Japan-U.S. cooperation on smart grid Based on the Japan and U.S.’s operation test, we appraised those countries’ know-how on operation test. This paper suggests leveraging know-how and experience from Japan-U.S.’s joint operation test in New Mexico, U.S. to Hawaii and Okinawa.(5)Showcase of Hawaii and Okinawa model This paper proposes to utilize Hawaii and Okinawa’s smart grid model as showcase of “Visualization” and “Experience”, and also use other regions’ “Advertising” to market Japan and U.S.’s smart grid technology, their governments’ global environmental effort and new tourism resources of Hawaii and Okinawa. (6)Future prospects Broadcast the message to the world at the 19th APEC Economic Leaders' Meeting in 2011, it should become a center of excellence in environment, energy and IT in America and Asia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る