成果報告書詳細
管理番号20110000001561
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A06019a 体内動態及び細胞内動態制御機能を搭載した低容量型in vivo腫瘍用siRNA導入システムの構築 平成22年度最終
公開日2012/4/26
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人北海道大学秋田英万
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約 製剤化に向け調製容量のラージスケール化を目的にMEND調製法を従来の単純水和法からアルコール希釈法へと変更した結果、10倍以上のスケールアップに成功した。腫瘍環境に応答して活性化される新規脂質Aを合成し、平成21年度の脂質スクリーニング情報に基づく最適化を行った結果、従来のMENDと比較してin vitro活性が100倍強い新型MENDの構築し、血中滞留性を示すPEG修飾量を1/3程度に抑えることに成功した。in vivo担癌モデルをこれまでの肉腫皮下移植から、上皮系を含む7種類、さらにより病体に近い肺転移モデルの作出を行った。またマイクロアレイを用いた安全性評価によりMEND投与におけるキーパスウェイの同定に成功した。
英文要約  For scaling-up of the preparation volume, an alcohol dilution method was used instead of the conventional hydration method. As a result, we succeeded in 10-fold scale-up of preparation volume of MEND. A novel lipid A, which changes its chemical structure in response to tumor specific environment was newly synthesize. As a result of optimization of lipid component in the light of the information obtained in 2009, the optimized MEND composed of the lipid A showed 100-fold enhanced activity compared to the conventional MEND. And, the optimized MEND needed only 1/3 PEG amount to exhibit sufficient systemic stability compared to the conventional MEND. In vivo tumor models with new tumor cell lines including epithelial cells and metastasis models were successfully established. A key pathway in response to a systemic administration of MEND was identified based on the safety assessment with a microarray analysis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る