成果報告書詳細
管理番号20110000001574
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A19009a 巨大超弾性歪を発現する高強度鉄系形状記憶合金の開発と医療デバイスへの展開 平成22年度最終
公開日2012/4/26
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人東北大学大森俊洋
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約Fe-Ni-Co-Al-Ta-B合金を90~98.5%の圧延率で冷間圧延した後、1300℃で再結晶させて結晶配向を測定したところ、96%以上の圧延率で冷間圧延を施すことで{035}<100>集合組織が形成されることがわかった。この時小角粒界割合が増加し、粒界析出を抑制できた。これに加え結晶粒を粗大化させることで、超弾性歪み量13.5%、変態誘起臨界応力750MPaの高強度・巨大歪み超弾性が得られた。
英文要約The grain orientation was measured in Fe-Ni-Co-Al-Ta-B alloy cold-rolled with a reduction ratio of 90-98.5% and solution-treated at 1300 °C, and it was found that {035}<100> recrystallization texture is formed by cold-rolling over 96%. The ratio of low angle boundary increases in the textured sheet, and the grain boundary precipitation is suppressed. The superelasticity with recoverable strain of 13.5% and critical stress for transformation of 750 MPa is obtained in the textured and coarse grain specimen.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る