成果報告書詳細
管理番号20110000001604
タイトル平成22年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A02012a 癌抑制遺伝子p53を標的とした新規抗癌剤の創製 平成22年度中間
公開日2012/4/26
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人国立がん研究センター大木理恵子
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約1. 我々が構築したshRNAライブラリーをp53-lac細胞に導入して、p53機能が異常になった細胞をクローニングした。クローニングした細胞よりshRNAを回収し、p53機能を変化させるshRNAを同定した。特に、p53活性を増強させるshRNAは、それ自体が抗がん剤として癌治療に応用できる可能性があるため、培養細胞やモデル動物(マウス)を使い、抗腫瘍効果を解析している。さらに、shRNAの標的遺伝子を同定する事により、p53機能に変化を与えた原因遺伝子を特定している。
2. 研究分担者が開発したCOSMOS法を用いて、既知のp53抑制因子であるMdmxとp53の結合を阻害する最適低分子化合物の分子設計を行った。設計に基づいて化合物を合成し、p53-lac細胞を用いて薬効を評価している。
英文要約1. Comprehensive screening of shRNAs that regulate p53 activity.
We have obtained p53-lac cell line, in which the activity of p53 can be visualized. We have also constructed an original lentiviral shRNA library. By introducing this library to p53-lac cells, we are identifying shRNAs that regulate p53 activity. We have successfully isolated cells that have enhanced p53 activity, and are analyzing the shRNA contained in these cells.
2. Designing small molecule compounds that inhibit p53-mdmx association.
We have performed an in silico screening to identify small molecules that can inhibit p53-mdmx association. We are currently analyzing the effect of these molecules.
3. Development of mouse experimental system to analyze anticancer drugs that target p53.
We are now in the progress of the establishment of a mouse experimental system that can be used to analyze the anticancer effect of the identified small molecule.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る