成果報告書詳細
管理番号20110000001687
タイトル平成22年度~平成23年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 グリーンイノベーション推進事業 機能安全の観点から見たスマートグリッド分野における蓄電池システムに係る国際標準化動向の調査
公開日2012/4/26
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P04002
部署名スマートコミュニティ部
和文要約当調査は、我が国におけるスマートグリッド技術分野の標準化の方向性及び今後の対応について検討を行うことを目的としている。調査では、欧州、米国、中国、韓国を対象とし、スマートグリッド関連技術分野における機能安全の標準化に関する動向及びスマートグリッドに適用する蓄電池システムにおける開発動向や標準化に関する動向の2つの観点から整理、分析した。また、当結果を踏まえ、NEDO が設置する委員会において、標準化の方向性及び今後の対応について検討を進めた。
調査の結果、機能安全に関する具体的な標準化の検討そのものは確認されなかったものの、欧州の主なメーカや認証機関においては、当該分野において機能安全の概念が重要視されていることが確認できた。このことから、スマートグリッド分野でもこの概念を取り入れた国際規格の検討が進められる可能性があることが示唆される結果となった。
検討会では、今後の蓄電池の安全性に関する標準のあり方、検討の進め方に関して、調査結果を踏まえつつ検討を進めた。
検討会における最初のステップとして、上記の調査結果及び示唆される結論を検討会内で共有した。その結果、「機能安全の考え方を導入することが重要であり、できるだけ早い段階での対応が必要」との認識をもって検討を進めることで合意した。
次のステップでは、蓄電池システムにおける標準化への対応方針として「目指すべき姿」及びそれに向けた「具体的なアクション」を検討した。「目指すべき姿」では、欧州レベル、国際レベルの標準化検討に対して、効果的に、十分な発言力を持って働きかけるための国内体制を検討した。国内体制に関しては、企業の垣根を越えた企業横断レベルでの取組が必要不可欠であり、スマートグリッドの全体像やスマートグリッド分野の蓄電池システムの定義・機能を検討し、その結果を継続的にステークホルダー間で共有することが重要であるとの結論に至った。一方で、個
別の企業レベルにおいては、企業横断レベルの検討と連携した標準化戦略の検討、技術開発が重要であるとした。
「具体的アクション」に関しては、企業横断レベルのアクションとして、早急に検討主体を構築し、企業間の意識共有、取り組みの一体化を進めることが望ましいとした。一方で個別の企業レベルでは、全社的な標準化組織を構築すること、ユースケースをもとにしたリスク分析を進めることが必要であるとした。また、企業横断レベルと企業レベルのアクションにおける望ましい連携体制として、スマートグリッド全体を俯瞰する検討主体、蓄電池システムに関連する業界団体、蓄電池システムメーカの3者による連携体制を構築し、スマートグリッド全体の検討と各メーカとの調整や情報整理を、業界団体が担う仕組みとすることが望ましいとの結論に至った。
英文要約The main purpose of this research was to explore future directions with regard to standardization of smart grid technologies, and measures that should be taken for the directions. Two main aspects investigated and analyzed were (1) the trend toward standardization of functional safety in the smart grid sector and development of smart grid in Europe, the United States, China, and Korea, and (2) standardization of storage battery systems implemented in smart grid in these nations. In addition, based on the information obtained, discussions and analyses regarding the directions and strategies for dealing with standardization of storage battery systems in the smart grid sector were continued at a series of committee meetings held by NEDO.
The investigations of trends in designated countries showed that no concrete activities or discussions toward standardization of functional safety were practically ongoing, while it was confirmed that major manufacturers and certification bodies had recognized that the concept of functional safety was important.
Therefore, it was suggested that international standards implementing the concept of functional safety might be considered in the future of the smart grid sector.
In the series of committee meetings, the role and future directions of standards on storage battery systems based on the information above were discussed. As a first step, the findings and conclusions from the investigations were shared among committee members, and agreed that “it is important to apply the concept of functional safety to standardization, and taking immediate action toward it is necessary”.
The next step was to establish a “goal”, and “action” for the goal in facing with standardization of storage battery systems in the smart grid sector. The goal established was to organize a domestic body that is capable of making an effective presence and suggestions to the international standardization organizations.
It would be essential that the domestic body is organized by multiple stakeholders, and is cross-sectional.
Also, the domestic body should discuss the definition and the role of storage battery systems in the smart grid sector as well as the whole picture of smart grid, and the conclusion should be constantly shared with all stakeholders. As for individual companies, developing their own strategies and technologies, which should be coherent with the standpoint of the domestic body, was expected.
For “action” for the goal, immediate establishment of a main actor, sharing mindsets among companies, and cooperation were expected at cross-sectional level, while each company should organize a department handling standardization within the company, and would carry out risk analyses based on use cases. To make the cross-sectional body and each company coordinated well, the suggested structure was composed of well-coordinated three groups, the main body overlooking the whole smart grid system, storage battery manufacturers, and the associated organization of the storage battery system, that could coordinate the two formers.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る