成果報告書詳細
管理番号20120000000037
タイトル平成22年度成果報告書 戦略策定調査事業 グリーン・サステイナブルケミストリー技術分野の戦略策定調査
公開日2012/4/26
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ,神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名環境部
和文要約本調査の目的は、経済産業省とNEDOによる技術戦略マップ作成の一環として、サステイナブル・マニュファクチュアリング分野の一つであるグリーン・サステイナブルケミストリー(Green Sustainable Chemistry:GSC)のマップを策定することである。
サステイナブル・マニュファクチュアリングの概念は、経済産業省の新政策「エコイノベーション」に基づく。すなわち、21世紀は資源・エネルギー・環境制約が顕在化して、エネルギーや地球環境と人間社会の持続性を確保しつつ成長を確保するサステイナブルの視点が必要不可欠となる。このとき我が国は、その優れた技術開発力を生かせば、制約を克服するための技術(サステイナブル・マニュファクチャリング)を以て、国際競争力を強化し、地球環境と人間社会の持続性のバランスを保った成長を実現していくことができる。これまでも、化学産業は様々なエネルギー制約や環境制約を克服してきたが、これからも持続可能な社会を実現していくために化学産業に求められる期待は大きい。これに対し、化学産業は、製品設計、原料選択、製造方法、使用方法、リサイクルなど製品の全ライフサイクルを見通した技術革新により、人と環境の健康・安全、省資源・省エネルギーなどを実現する化学技術、すなわちGSC技術を発展させることによって、自らの成長をはかりつつ社会の要請に応え、社会を発展させていく使命を持つ。
本調査は、これを受け、GSCを国の戦略的テーマとして据え、1.産業競争力強化、2.新産業創生、3.安全・安心な社会を目標とするマップの策定を目的としている。
本年度は、これまで複数年にわたり調査してきた技術に関して出口(出口製品)との関連づけをこれまで以上に明確化した。具体的には、これまでの調査では複数年にわたり蓄積してきた技術内容に関して、一般的に分かりやすいカテゴリー「エネルギー」「資源」「環境」「生活」の4分野に纏めていたが、本調査では、産業界向けに出口製品および産業分野に分けての再整理を実施した。このように、これまでの分類と産業界向け分類の2種類をそろえることにより、より扱いやすいGSC技術の工程表・技術戦略の俯瞰図とした。
調査は、委員会での検討により実施された。「第2章 GSC技術テーマと出口製品」では技術戦略マップにあげられている、それぞれのGSC技術テーマを複数の出口製品に関連づけた一覧表を作成した。これをもとに整理して技術マップ2011(産業版)を作成し、さらにGSC重要技術項目と出口製品との相関性の解析を試みた。また関連産業・技術分野および出口製品とGSC重要技術項目との相関図を作成して関わりを可視化することで分かりやすく技術体系を俯瞰した。「第3章 重要なプロセスやマテリアルの半定量的評価の見直し」については、環境影響評価方法の調査から、環境負荷項目の重み付け例を参考に、これまで実施してきたGSC評価結果にもとづき技術テーマのGSC環境負荷評価の評価数値を算出した。環境負荷項目の重み付けを変えることにより技術テーマ間の順位変動を考察した。「第4章 2011GSC重要技術の抽出と導入シナリオ、実現可能性」については、第3章の結果、産業競争力、政策情報等から重要技術分野・テーマの抽出を行い、導入シナリオを作成した。さらにこれらの結果を総合して将来ビジョン、産業モデルについても纏めた。「第5章 技術戦略マップ2011」では技術戦略マップ2010に本年度における見直しを折り込んだものに改訂した。
英文要約The objective of this study is to devise a map for Green Sustainable Chemistry (GSC), which is a component of sustainable manufacturing, as part of the preparation of a technology strategy map by METI and NEDO.The concept of sustainable manufacturing is based on the new Eco-Innovation policy of METI. In other words, since restrictions on resource, energy and environmental become serious in the 21st century, a viewpoint of sustainability will be indispensible that the sustainability of energy, environment and society must be retained while ensuring economic growth is still to be targeted. In such a scenario, if Japan leverages its superior technical development capabilities, it can deploy technologies for the purpose of overcoming restrictions (sustainable manufacturing), strengthen its international competitiveness, and realize growth that preserves sustainability of the global environment and human society. Until now, the chemical industry has already overcome various energy limitations and environmental restrictions and moving forward, expectations are high of the chemical industry in order to realize a sustainable society. In response to this, the chemical industry possesses a mission to attempt to achieve its own growth while answering to the demands of society and advancing society through chemical technologies that ensure the health and safety of people and the environment, as well as resource and energy conservation, in other words advancing GSC technology. This will be achieved through innovation strategy that envisages the entire product life cycle spanning product design, feedstock selection, manufacturing processes, usage methods, and recycling. In this study, taking the above into account, the objective is to position GSC as a national strategic theme and develop a map with the objective of (1) strengthening industrial competitiveness,(2)creating new industries, and (3)realizing a safe society.
This fiscal year we have clarified more definitely than ever the links between technologies investigated to date over several years and outputs (output products). Concretely speaking, in studies conducted to date, the technologies picked up over several years of the previous surveys have been summarized in four easy-to-understand categories: energy; resources; the environment; and quality of life; but this survey has carried out a readjustment and classified them in terms of their related products and industrial sectors for the industry's convenience. In Chapter 2, a technology strategy map was presented and a table was prepared correlating GSC technologies with multiple output products. Based on this, a Technology Map 2011 (Industrial Edition) was prepared and furthermore, an analysis of the correlation between GSC key technologies and output products was attempted. In Chapter 3, from study of the environmental impact assessment methods and referencing weighted examples of environmental burden factors, assessment values for technology theme GSC environmental burden assessment were calculated based on findings of GSC assessments carried out to date. In Chapter 4, important technology sectors and themes were extracted from the findings of Chapter 3, industry competitiveness, and policy information, and scenario was drawn up. In Chapter 5, revisions of the Technology Strategy Map 2010 were made by incorporating the reappraisals made this fiscal year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る