成果報告書詳細
管理番号20120000000066
タイトル平成21年~22年成果報告書 国際石炭利用対策事業クリーン・コール・テクノロジー実証普及事業(FS)低品位炭活用山元発電実証普及事業FS(インドネシア)
公開日2012/4/26
報告書年度2009 - 2010
委託先名住友重機械工業株式会社
プロジェクト番号P93054
部署名環境部
和文要約1.調査概要
本調査はインドネシアにおいてFluidized Bed(CFB)ボイラを用いた低品位炭活用山元発電CCTモデル事業を行うための適切な設備、規模、方法、事業の成立性、現地調達率の向上、普及の蓋然性等について調査を行い、具体的な事業計画を策定することを目的とする。本取り組みにより、インドネシアにおけるエネルギー事情、エネルギー政策及び設備投資動向を調査し、市場動向を把握すると共に、CCTモデル事業実施候補サイトを選定し、同サイトを対象に施設規模、方法等、具体的な実施計画を策定する。また、技術的課題解決のため当社保有のCFBボイラ燃焼試験機により燃焼試験を行い実証する。なお、本技術の普及のため事業費用、インドネシアにおける経済性、普及戦略等を検討し、総合的に評価を行った。
2.調査の背景
インドネシアは我が国にとっては、エネルギー供給源として重要な石炭輸出国のひとつである。インドネシアにおいて未活用の低品位炭をエネルギー源として利活用することは、石炭輸出の余地を生み出し、同国からの石炭供給を安定的なものとし、将来にわたって我が国のエネルギー安全保障に貢献するものと考える。他方インドネシアに於いても低品位炭を利活用するべく、インドネシア政府による振興政策・優遇政策が執られている。これは逼迫する国内のエネルギーバランスの安定化を目的としたものであるが、環境への影響懸念や設備投資負担への抵抗などから政府の意図に反し、低品位炭の利活用に帰結していないのが実情である。この様な状況下、打開策として当社CFBボイラ技術を用いた低品位炭の活用促進を図ることが期待されている。
3.実施サイト選定調査
本調査では事業実施候補サイトを選定する事となっているため、1)既存、新規事業者のいずれか、2)事業地域及び現在の業況、3)対象企業の業況分析、意向聴取を経て対象企業数社を候補として選定した。選定の結果、三社を候補として選定するに至ったが、炭鉱開発の現況、先方の事業計画等を勘案した結果、Adaro社を最終的な候補とすることとした。この過程で当初炭鉱において発電・送電を行う計画であったが、近隣炭鉱のサプライ・チェーンへの給電需要があることを見出したため、山元に限定せずサプライ・チェーンへの電力供給を企図する事が適切と判断された。
4.燃料試験による技術的課題の検討
選定したAdaro社についてはその産出する石炭を用いた燃焼試験を、当社愛媛製造所新居浜工場内に設置されたCFBボイラ燃焼試験機にて実施する。一般的にCFBボイラの燃料として適用する場合は、CFBボイラ炉内の伝熱・流動特性、環境値特性などの把握が必要となり、これらの特性は成分分析や小規模なベンチスケール試験では十分に実機設計へ反映できるだけの知見・データ採取が困難である。従って、低品位炭を用いて実機同様の構造を持つ燃焼試験機にて燃焼特性、循環流動の特性などを明らかにする。本燃焼試験実施により、高効率、低環境負荷が実現可能なCFBボイラへの低品位炭の適用を評価することができた。
5.実証事業実施の計画、対象技術普及の検討
選定したAdaro社への現地調査、また打合せにより、CCTモデル事業実施における具体的な設備仕様、配置計画、業務、機器供給分担、実施スケジュール、環境改善効果、事業費用を策定した。また、市場調査に基づいたインドネシア炭鉱の設備容量と電力量から、潜在的な低品位炭発電設備の普及市場を予測し、その環境改善効果、経済性評価を行った。今回のFS調査により、低品位炭発電設備の高い潜在需要があることが確認できたので、インドネシア炭鉱会社の動向に沿った普及戦略を提案した。課題としては、1)環境影響評価の実施要領が不明瞭であること、2)現地調達の向上と合わせ、第三国調達も含めた総合的なコストダウンを検討する。
英文要約1 Summary of the research
This research aims to identify the appropriate size, method, facilities, requirements, localization proportion, and technology dissemination factors regarding the implementation of the low grade coal combustion CFB boiler
technology for the purpose of formulating detailed design of the project. This will require understanding of the current Indonesian energy market with the Indonesian energy outlook, energy policy and Indonesian capital expenditure environment; as well as selecting project sites, plan and size, methodology and an action plan. This research will also involve coal combustion test using large scale CFB pilot test plant. The action plan for the clean coal technology will require, the probable project costing, economical feasibility study, marketing strategy has been examined.
2 Background of the research
Indonesia is one of the important energy suppliers for Japan. Meeting the energy demand of Indonesia using unutilized low grade coal will free up some of the coal for export. This will contribute towards safeguarding the future coal supply for Japan. Indonesian government has set policies to utilize low grade coal for domestic power generation; however concerns regarding environment impact of coal power plant and concerns regarding excessive capital investment have prevented its realization. CFB boiler technology is expected to overcome these issues.
3 Selection of the project site
Appropriate project site was identified by first 1)Deciding on implementing the project in a new mining company or exiting companies, followed by 2)Identification of candid companies and finally 3)Analysis of candid companies.
GP Energy, Indika Energy and Adaro were identified by this selection process. From the current development stage of the coal mine, and existing business plan of the company, Adaro was selected as the final candid for the project activity. During this process it was identified that distribution of electricity towards the coal supply chain facilities has a good business potential instead of specifying the project location to just mine mouth.
4 Issues regarding combustion test
Coal combustion test will be conducted in Sumitomo Heavy Industries Niihama, Japan test facility. The coal will be transported from Adaro mining site, and the coal will be combusted using large scale CFB pilot test plant.
Effective design of the CFB boiler will require data of the combustion characteristics of the coal inside the CFB boiler such as heat transfer, circulation flow characteristics, and environmental performance. This data is
unobtainable from a bench scale trial and laboratory coal chemical and physical analysis.
5 Issues regarding action plan for project and clean coal technology
The field survey and series of meetings with PT. Adaro Energy, concrete equipment specifications, plant layout,
scope of supplies/activities, execution schedule, environmental impact assessment and probable project costing for CCT project has been examined. Also, from the plant capacity of the potential mining companies and required
electricity, confirmed the forecast demand for power plant using low grade coal and conducted environmental impact assessment and economical feasibility study. From the above due diligences, high potential for low grade coal power plant exists and established marketing strategy along with the Indonesian coal mining companies strategy. The following open issues shall be focused on further.
1) Procedure for environmental assessment is not clear.
2) Comprehensive cost down for local procurement including third countries.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る