成果報告書詳細
管理番号20120000000177
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等技術普及事業 民生(ビル)省エネモデル事業(中国)技術普及事業
公開日2012/4/28
報告書年度2011 - 2011
委託先名日本ファシリティ・ソリューション株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約急激な都市化、国民生活水準の向上を背景に、中国における民生部門のエネルギー消費量は、1990年以降、約2.3倍の伸びを示しており、深刻な課題となっている。平成22年度より民生(ビル)に対して、日本の省エネルギー技術のコージェネレーションシステムやCO2冷媒ヒートポンプ等を導入し、BEMS(Building Energy Management System)を活用した包括的かつ効率的な運用を行うことにより、建物全体のエネルギー消費量を低減する効果等を実証した。
本事業では本技術の中国国内への普及をさらに促進することを図る。具体的な実施内容を次に示す。
 (1)モデル事業実施サイトにおける効果検証及びチューニング
 (2)モデル事業実施サイト以外の民生ビルにおける省エネルギー診断
 (3)技術普及セミナーの開催
(1)1年間の省エネルギー量は、目標値28.4TJ/年に対して実績値27.5TJ/年であり、目標に対する達成率は97%であった。
これはモデル事業実施前の建物全体におけるエネルギー消費量の14%に相当する削減量である。
なお、BEMSによる効果は定量的に算出できないため考慮していない。BEMSにより、今回対象としていない冷凍機等の運用改善の効果が得られるため、
その効果を加えると目標を上回るものと考えている。また、月別達成率は6月を除くと右肩上がりであり、省エネルギー効果を安定して発揮しつつある。
今後は安定的に省エネルギー効果が得られるものと思われる。 
(2)モデル事業にて導入した技術を適用する有望な施設として、大規模なホテルとオフィスを各2施設選定した。
4件の施設にこれらの技術を適用した場合、6%~30%超の省エネ率の達成が可能であるという検討結果が得られた。
コージェネレーションシステムについては、技術的には適用可能との結果が得られた建物もあるが、電源の系統連系が認められておらず、導入を見送った。
また、CO2冷媒を利用したヒートポンプ給湯機についても、現時点ではメーカーが圧力容器の安全認定を取得出来ていないため提案を見送った。
省エネ技術の普及には、技術開発と制度の整備の双方を足並み揃えて推進する事が重要である。
今後、これらの技術を導入するための制度が充実することで、より技術の普及を促進できるものと考えられる。
(3)モデル事業実施サイトにおける効果検証結果と他の民生ビルにおける省エネルギー診断の結果を基に、技術普及セミナーをモデル事業実施サイトにて実施した。
普及セミナーを通じて、モデル事業技術の有効性を民生(ビル)所有者に周知するとともに省エネルギー技術導入の契機として活用した。
英文要約Title: The International Project for Increasing the Efficient Use of Energy
The Dissemination Project for Increasing the Efficient Use of Energy
The Dissemination of the Model Project for Reducing Energy Consumption in a Commercial Building (China)
Under the background of rapid urbanization and improvement in living standard of the people, an amount of the energy consumption of the commercial section in China is about 2.3 times as more as in 1990, which has been a serious subject.
We have demonstrated the effect of energy-savings in the whole building implementing comprehensive and effective opertation by utilizing BEMS
(Building Energy Management System) since we introduced Japanese energy-saving systems such as cogeneration system heat pump etc. to a commercial building in 2010.
The object of this project is to promote dissemination of above technologies in China.
The main contents are as follows;
(1) velification of energy-savings effect and operation improvement of introduced systems
(2) energy-saving examination of commercial building except the model site
(3) holding of the dissemination seminar
(1)Actual amount of energy-saving consumption is 27.5TJ/year to expected amount 28.4TJ/year (97% of expected amount).
This amount means 14% of energy consumption in the whole building.
The effect of BEMS isn’t included in the amount because it is impossible to be calculated quantitvely.
If the effect of operation improvement by utilizing BEMS for existing chillers is taken into consideration, actual amount will exceed expected amount. In addition, the achievement ratio has been higher every month except June, the effect of energy-saving shows steady transition.
(2) We selected two large hotels and two large office buildings as potential buildings to disseminate technologys of the model project.
If we apply technologies of the model project to each building, it will be possible to achieve energy saving by 6~30%.
The building to which cogeneration system can be introduced have been found , however, we gave up to adopt it because of unapproval of power system integration .
We also gave up to adopt CO2 refrigerant heat pump water heater because a manufacturer can’t obtain the standard of pressure vessel.
It is important for dissemination of energy saving technology to promote both technology development and adjustment of legal system.
We believe we can promote dissemination of energy saving technology by developing legal system.
(3)We held a dissemination seminar to report the effect of energy saving on the model site and the analysis of examination on other buildings except the model site.
We took a chance to inform participants of effectiveness of energy saving technology and disseminate it.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る