成果報告書詳細
管理番号20110000000827
タイトル平成22年度成果報告書 再生医療分野技術戦略に関する調査
公開日2012/5/25
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社シード・プランニング
プロジェクト番号P99029
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約1.調査実施内容
本調査では、ライフサイエンス分野の「再生医療技術戦略マップ」について、挿入シナリオ、技術マップ、技術ロードマップを見直した。また、新たに技術進化系統樹と未来予想図を作成した。これらは、委員会での討議を含め、有識者から多くの意見を得て、内容を確定した。今回見直し、・追加した結果は以下の通りである。
(1)再生医療分野の導入シナリオ
・ 再生医療分野における目標と将来実現する社会像、研究開発の取り組み、関連施策の取り組み(規制・制度改革、他省庁との連携、プロジェクト等の間の連携)、海外での取り組み、民間での取り組みにかかわる全体像を見直した。
(2)再生医療分野の技術マップ
・ 例年の形式を見直し、再生医療技術の現状と2030年の姿を俯瞰できる技術マップを目指した。
・ 再生医療には疾患や事故により大きく失われた臓器や組織の機能を回復させるための「傷害後再生医療」の役割だけではなく、疾患によっては症状が現れる前の早い段階から自己組織修復能を高めることにより臓器や組織の機能が大きく損なわれるのを防ぐ「先制的再生医療」、さらには遺伝的要因や疾患により失われた特定の遺伝子の機能を細胞移植により補完する「遺伝子細胞治療」の大きく三つの手法で医療に貢献することが可能ある。本技術マップは、この三つの手法を柱とし、要素技術を取り上げた。
・ 対象疾患は具体的な疾患領域としてニーズの高い循環器系疾患(心筋再生)と神経系疾患(脳梗塞、パーキンソン病、脊椎損傷、ALS)に焦点をあって作製した。
(3)再生医療分野の技術ロードマップ
・ 例年の形式を見直し、技術マップと同様に「傷害後再生医療」「先制的再生医療」「遺伝子細胞治療」の3つの手法を柱とし、再生医療の技術の進化を疾患と診療プロセスを軸に再構築した。
・ 対象疾患は 循環器系疾患、神経系疾患を選定した。
(4)技術系統樹
・ 装置・培養・試薬研究と生物学的細胞研究という二つの土壌から再生医療の大きな木が育つ様子を枝分かれする3つの幹で表した。
・ CPCやアイソレータ、細胞バンク、輸送システムなど再生医療を推進するに当たって必要となる共通基盤技術と各疾患に最適な治療戦略と移植細胞の安全性・有効性の明確化などの治療コンセプトを経て、「小児医療を中心とした遺伝子・細胞治療」、「先制的再生医療」、「傷害後再生医療」に分化し最適な形で疾患を治療・予防していくルートを描いた。
(5)未来予想図
・ 2030年の再生医療技術によって社会・医療・産業の姿を、分かりやすいイラストで1 枚にまとめた。
英文要約2. Technology Strategy in Regenerative medicine Summary
In this research, we reviewed the introductory scenario, technology map and technology roadmap of the “Regenerative Medicine Strategic Roadmap”. We also constructed a dendrogram on the technological evolution and a model of the future forecasts. The content of the research was determined through discussions in committee meetings and interviews with key opinion leaders. The results of the revision and addition of the contents are listed below.
(1)Introductory Scenario of Regenerative Medicine
・ We reviewed the overall picture of the objectives, the future social structure, approaches in research and development, related policies (regulations/institutional reforms, cooperation between different agencies and projects), efforts of foreign countries and private companies in the field of regenerative medicine.
(2)Technology map in Regenerative Medicine
・ We reviewed the format used in the past years and aimed to construct a technology map which would show the current and future condition until 2030, of regenerative medicine technology.
・ The purpose of regenerative medicine is not only treatment “Post Insult Regenerative Medicine”, to regenerate organs and tissues lost through disease or accidents, but also could to be used “Preemptive Regenerative Medicine”, to prevent significant damage to organs and tissues in early stages before symptoms start to occur by enhancing the self repair of tissues, and in “Gene Cell Therapy”, in which specific gene functions lost through genetic factors or diseases are supplemented by cell transplants. These are three main approaches in which regenerative medicine could possibly contribute to healthcare. In this technology map, we put our emphasis on these three approaches and discussed its core technologies.
・ For target diseases, we put our emphasis on circulatory diseases (heart regeneration) and diseases in the nervous system (cerebral infarction, Alzheimer’s disease, spinal damage, ALS) where needs are the greatest.
(3)Technological Roadmap of Regenerative Medicine
・ Reviewing the format used in the past years and putting emphasis on the three approaches, “Post Insult Regenerative Medicine”, “Preemptive Regenerative Medicine” and “Gene Cell Therapy”, we reevaluated technological advancements in regenerative medicine and clinical process of diseases.
・ For target diseases, we selected 1) circulatory diseases and 2) diseases in the nervous system.
(4)Technological Dendrogram
・ We illustrated the tree of regenerative medicine dividing into three branches from two root sources, equipment/culture/reagent research and biological cell research.
・ From common fundamental technologies such as CPC, isolators, cell banks, transport systems which is necessary to drive regenerative medicine and clinical concepts such as treatment strategies best suited for each disease and clarifying the safety/effectiveness of cell implant; we illustrated the different routes such as “Gene Cell Therapy in pediatrics”, “Preemptive Regenerative Medicine” and “Post Insult Regenerative Medicine” which would be best suited treat/prevent diseases.
(5)Future Forecast Model
・ We illustrated regenerative medicine technologies in the society/healthcare/industry in one simple illustration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る