成果報告書詳細
管理番号20120000000067
タイトル平成22年度~平成23年度調査報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業FS 省エネビル(エーゲ大学)技術実証事業(トルコ)」
公開日2012/5/23
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社日本設計 日本ピーマック株式会社 日新電機株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1.目的
トルコ共和国では7%/年の経済成長をしており、産業分野でのエネルギー使用量が急増し、2023年のエネルギー使用量は2010年の2倍になると予測されている。この様な国情を踏まえ、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)化に有効な省エネ技術をイズミールのエーゲ大学の新設ビル並びに既設ビルに導入し、その実証を行うことにより、同国における日本国内で実績のある省エネ技術の普及を目的とする。
2.ZEBの定義と適用技術
A.建築的技術、B.高効率化の技術、C.創エネ・蓄エネの技術、D.ビル管理・BEMSを導入し、ZEBを構築する。本事業におけるZEBは、A、B、Dの省エネ技術により新設する再生可能エネルギー研究所の年間のエネルギー消費を最小限に抑え、Cの創エネ技術でそれ以上のエネルギーを生産することを意味する。本事業では、Cの創エネ技術として500kW相当の太陽光発電システムと30kW相当の縦軸型風力発電を導入することにより、ZEB(Zero Energy Building)が達成できる。さらに、BEMSの「見える化」技術を駆使し、教員や学生の省エネ行動を支援することによって、運用上の省エネを図り、再生可能エネルギー研究所の外へのエネルギー供給量の増大を図る。 
3.実施可能性の評価
(1)技術面での実施可能性
太陽光発電や風力発電、LED、照明制御などEUと連動したトルコの環境政策によって本事業の適用技術の普及・拡大が進行中で、日本からの助言・指導と併せトルコ国内で施工実績のある日系エンジニアリング企業や現地の代理店等との連携により技術的な実施可能性を更に高める。
本事業では、エネルギー消費の約半分を占める空調用エネルギー消費の削減のため、B.高効率化の技術として「再生可能エネルギー利用の水熱源ヒートポンプシステム」を導入する計画としている。これは、地中熱や太陽熱、ナイトクーリングを利用した個別分散型の水熱源ヒートポンプシステムである。トルコでは、2000年頃からイスタンブールを中心に地中熱利用のヒートポンプが導入され、有力な省エネ技術として認知されている。100m以上の深さの地中熱交換器の多くの施工実績もあり、トルコ側の施工技術と日本からの高効率機器の供給によって、高効率の空調システムが構築できる。また、A.建築的技術に関する省エネ手法を建物全体に適切に組み込むことにおいて、国内での設計実績を十分に活かすことができる。
(2)経済面での実施可能性
日本とトルコの各々の負担を合算した総事業費は1,166百万円(消費税を除く、以下の金額は全て消費税を除く)、そのうち日本側の負担は740百万円となる。日本側の負担のうち機器本体とその輸送に関わる費用の合算金額は616百万円(設計費・旅費等を除く)となる。省エネ対策を導入しない場合を基準とし、負担金額の増額分を省エネに伴う年間光熱費の減額分で除し単純償却年数を算出した。これらを合算した全体の単純償却年数は43.5年となる。費用対効果が高いとは言い難いが、各々の適用技術は開発途上のものもあり、今後の普及・拡大に伴う現地生産等の対応により低コスト化を図っていく必要がある。
(3)本事業実施後の波及効果
A.建築的技術に関して、熱負荷削減や自然通風、自然採光等の自然エネルギー利用の工夫、太陽光発電とルーバー・屋根との一体化、更に風力発電装置に風を集め発電の効率を高める建築物の形状の工夫等を行い、建物全体をZEBの「見える化」に設える。これにより、ZEBがショールームになり、日本の省エネ技術をPRする効果的な場所となる。BEMSを駆使し日本を拠点としたグローバルなZEB管理のサービスを提供することによって、新たなサポート事業のビジネスモデル創出にも繋がる。
(4)総合評価
適用技術毎に費用対効果にバラツキあり中には単純償却年数が長期に及ぶ手法があるもののこれらの省エネ技術を含めてZEBを構成し、普及・拡大のためのショールームとして活用することが今後の省エネビジネスに有効な手段となる。トルコ国内での実現・普及に関しては、トルコ国内で施工実績のある日系エンジニアリング企業や現地の代理店等との連携が不可欠であり、今後、それらと積極的に協議を行い、実現性と波及効果を高める。
英文要約The economic growth of Republic of Turkey is currently going up by 7%/year. Energy consumption by industrial fields dramatically increases lately and will be expected to be doubled in 2023 compared to that in 2010. Under these circumstances, the goal is to demonstrate effective energy saving technologies in Japan installed for ZEB in Ege-University and to disseminate them throughout Republic of Turkey. Definition of ZEB on this project is that the renewable energy production exceeds to the energy consumption by applying A:architectural energy saving technique, B:high efficiency energy using technologies, C:renewable energy producing and collecting technologies and D:BEMS(building energy management system) to new buildings. Renewable energy for this project is produced by 500kW PV and 30kW virtical axis wind turbine which make new buildings be ZEB. Also, BEMS for this project visualizes the energy use to all workers and students who use these buildings and encourages them to save energy consumption. As a result, produced renewable energy will be supplied to outside of the university. Environmental policy in Republic of Turkey enhances to disseminate applied technologies on this project like PV, wind turbine, LED, lighting control system.etc. Therefore, technological feasibility is enhanced by the advice and supervising form Japan and the cooperation with Japanese engineering firms and local agents which have performed well in Republic of Turkey. On this project, a water source heat pump system which utilizes renewable energy is installed for saving energy consumption for air conditioning which occupies a half of all energy consumption. This is an indivisual-distributed water source heat pumps system which utilizes underground heat source, solar heat source and night cooling and enables to control each air-conditioning machine respectively for each room. Underground heat source heat pump system which has been applied mainly in Istanbul from around 2000 is known as the effective energy saving technology in Republic of Turkey. There are many precedents of the system which use the heat from 100m under the ground. Therefore, Turkish technology for bowling and Japanese high efficiency instruments can be organized as high efficiency air-conditioning system. Also, architectural techniques for energy saving are applied appropriately on this project with sufficient experiences for energy saving building design in Japan. Total cost of the project is 1,166 million yen (excludes consumption tax, hereafter all cost exclude consumption tax) and 740 million yen is borne by Japanese side. Cost of the instruments and transportation is 616million yen (exclude planning, designing, traveling fee, etc) Cost effectiveness of the investment of this project is estimated around 43.5 years to recover by the cost saving derived from energy saving. It is difficult to say highly effective in terms of economic feasibility although all of the technologies is still underdeveloped and expected to reduce production cost by dissemination or local production. Architecturally well integrated energy saving technologies enables Zero Energy Building constructed in Ege-University to become a showroom for ZEB in Turkey which advertises Japanese advanced energy saving technologies effectively. BEMS enables the Japanese side to monitor energy consumption in Japan and will make new business model for the global consultant of energy use on Japanese base. Cost effectiveness for each technology varies widely and some of them take a long time to recover the invested cost. Therefore, making showroom of ZEB which integrates all kinds of technologies and advertising them are effective strategies for energy saving business. Disseminating them in Republic of Turkey needs the cooperation with Japanese engineering companies in Republic of Turkey. Therefore, active consultation with these firms raises feasibility of this project and the ripple effect of the technologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る