成果報告書詳細
管理番号20120000000069
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業
FS 省エネビル(ニューヨーク州立大学)実証事業(アメリカ)
公開日2012/5/10
報告書年度2011 - 2011
委託先名清水建設株式会社 シミズ・ノース・アメリカLLC
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1. 提案の背景
1)政策・設備投資動向
a)米国エネルギー自立・安全保障法案(2007施行)により、米国エネルギー省(DOE)は、「2030年に全ての新築商業ビル」「 2040年に50%の商業ビル」「 2050年に全ての商業ビル」以上ZEB普及サポートを行う立場にある。
b)助成金税制優遇措置、産官学連携資金運用スキーム施行にて、2008以降加速度的に、環境関係の技術開発設備投資が活発化しており、低炭素化技術の導入に関しては、中長期的に、大きな市場への成長が予想される。
2)対象サイト
ニューヨーク州立大学(SUNY)アルバニー校ナノスケール理工カレッジ(CNSE)は、2001年の設立以降、産官学連携により、ナノテクノロジーの教育、研究・技術開発の最先端施設として、積極的な設備投資が行われており、対象建屋ZENビルディングもその主要なひとつである。 
2.提案内容
1)提案対象
ZENビルディング中、事務所約11,200m2に、ZEB化の低炭素適用技術を提案する。
2)提案概要
「最先端技術」「パッシブ設計」「地産地消」融合による適用技術にて「低炭素化と快適性の両立」を目指す。    
3)適用技術の構成
a) スマート BEMS(マイクログリッド、デマンドレスポンス、パーソナル環境制御を統合管理する)
b) 地中熱利用ヒートポンプ
c) 自然と人間の行動に合わせた、照明・空調制御
d) 床吹・放射空調
e) 全熱交換器の採用
f) 高断熱、ダブルスキン等パッシブ建築設計
g) 燃料電池
h) 太陽光発電とマイクログリッド   
4)適用技術の効果
米国エネルギー省(DOE)のCommercial Building Benchmarkにより設定したベースラインと比較し、56%の省エネ、47%の創エネにより、合計103%の省エネを達成する。   
3.提案の普及化
1)経済的評価
a) 投資回収年数は、実証事業時では長期を要すが、普及段階(2020)では18年程度へ低減の見通し。
b) 30年間LCCで算定すれば、約2.7億円の削減効果がある、と算定される。
2)普及戦略
a) 「“フロントランナー”たる、長期的視野に立った、ZEB等、先端技術の継続的開発」と、「技術ローカル化による、汎用化、速達的普及化の展開」を同時進行させ、相互フィードバックする。
b) 特にコア技術のスマートBEMSは、日本技術の強みを発揮し得る、運用、使用、メンテの領域との絡み、そのアドバンテージの理解を現地で得ることを、技術実証事業の重点と位置付ける。
c) 米国側カウンターパートとの戦略的協業体制により、「松竹梅仕様の多様な組合せ」で「現地ニーズ、事業に特化したチューンアップ」「現地リソースの取込化」「日系企業の現地ニーズ、規格対応化」を図っていき、「日本の技術優位性を発揮できる環境の創生」にて、日本技術輸出促進に貢献する。
4.総括
本事業は、2050年までの長期的視野での事業継続への道筋へ、重要な役割を持つ。
英文要約1. Proposal Facility
The ZEN Building, comprised of a R&D space incorporating a test PV manufacturing facility, chemistry laboratory and office space, is planned to be constructed on a plot located on the north side of the existing CNSE building.

2. Proposal Summary
1)Object of Proposal
The object of the proposal is the approximately 11,200 sq.m. office area of the ZEN Building, within which we propose low-carbon technology enabling ZEB for the facility.
2)Proposal Summary
The proposal aims for the “optimal combination of low-carbon and comfortable environment,” providing Shimizu’s technical solutions based on the concepts of “cutting-edge technology,” “passive design,”and “local energy procurement.”
3)Proposed Technology
a) Shimizu SMART BEMS
b) Geothermal Heat Pump Chiller
c) Lighting and HVAC Systems according to nature and human factors
d) Radiant Cooling and floor flow AC Systems
e) Whole Heat Exchanger
f) Passive designs including High performance Insulation, Double skin envelope etc.
g) PV with Micro grid and Fuel Cells   
4)Effects of Proposed Technology
a) The proposed technologies forecast a 50% energy reduction and a 53% energy creation, totaling 103% of energy efficiency improvement compared to the DOE Commercial Building Benchmark.
b) Unfortunately, full return on investment requires a long period.
c) The proposed level compares favorably with other ZEB instances in the US, including DOE’s own National Renewable Energy Laboratory.

3. Commercialization of Proposed technologies
1)Economic Evaluation
a) Pay-back period shall not be the only factor for economic evaluation, as introducing the advanced systems for a “ZEB” through networks that include businesses and target sites, has a strong possibility in obtaining financial support, such as covering initial PV investment costs under energy trading agreements among the DOC, power companies and utility companies, grants or implementing the scheme that was applied in the case of the RSF in Colorado.
b) Instead, it would be important to match with the clients’ real needs or requirements for the real Value for Money to those who pay.
2)Commercialization
a) Implement both “long-term perspectives and continued maturation and development of ZEB and other advanced technologies as an industry front-runner” and “generalization and timely commercialization through localization of technology”
b) Establish proposal models to match a multitude of needs by various combinations of “cutting-edge technology,” “passive design,”and “local energy procurement.”
c) In cooperation with US business counterpart, establish a network of upstream players, such as government agencies, business investors/operators. Using MOU’s as a fulcrum for initiating action, iniate a “responsive cycle of action”while also incorporating long-term vision.

4.Summarization
We anticipate that using the strategies outlined above is sufficient to begin commercialization of our technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る