成果報告書詳細
管理番号20120000000095
タイトル平成23年度 成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 FS 省エネビル(公共事業省)実証事業(トルコ共和国)
公開日2012/5/16
報告書年度2011 - 2011
委託先名大成建設株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1. 目的 トルコ共和国(以下、「対象国」という)は、堅調な経済成長が今後も見込まれ、エネルギー使用量は順次拡大を続けている。なかでも電力消費量の伸びは大きく、経済成長を維持するために、対象国は、電力の確保や省エネ推進が国政上重要な課題になっている。「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業FS省エネビル(公共事業省)実証事業 (トルコ共和国)」は、対象国の省エネルギー化推進及び日本の省エネ技術の普及を目的に、対象国首都アンカラに立地する地上9階地下2階の官公庁ビル(以下、「実施サイト」という)を対象とした委託事業である。FSベースで、日本国内で実績のある省エネルギー技術を実施サイトに導入した場合の省エネ効果に関する調査研究を実施し、各省エネ技術の評価及び対象国内の他の既存建物への当該技術の普及可能性を確認する。2. 内容 事業実施計画の策定及び普及可能性の検討に必要な以下の調査・検討を実施した。(1)実施サイト候補の基本事項調査1.実施サイトを現調し、エネルギー消費形態を分析する2.実施サイトへの日本国内で実績のある省エネルギー技術の適用を検討する (2)技術実証事業実施計画の具体化 1.実施サイトに導入効果の高いシステムを検討する2.上記のシステム導入に関する効果の算定、課題の抽出をする3.上記1.のシステム導入に関する政策や改修工事に関する課題等について調査する4.実施サイトへの検討したシステムを導入する改修工事の基本計画5.実施サイトへのシステム導入改修工事の概略予算の策定 (3)対象技術の普及可能性調査・フォローアップ事業計画の策定 3. 結論 提案技術を分類すると、以下の通りとなった。・外壁や開口部のガラスの断熱性能を向上させることで外部からの温熱負荷を低減・地域性を考慮した空調方式や効率のよい照明方式を設計することで省エネを実現・再生可能エネルギーを活用しオンサイトでエネルギーを創出 今回の提案技術を全て導入した場合、エネルギー消費量は29.9%の削減が見込まれ、十分に評価されると期待される。全ての技術が採択されるとは限らないが、省エネ効果の高い対策や、地域特性に合わせて複数の技術を組み合せたメニュー化による採択も期待される。また、費用対効果について、投資回収年月は24年となる。比較的回収年の長い技術の導入に関しては、対象国内の他地域(黒海沿岸、地中海沿岸)へのショーケースとしてアピール効果を期待しての導入も十分に考えられる。上記一連の調査により、本委託事業で提案している技術が対象国の実施サイトにおいてエネルギー的に改善効果が高く、経済的にも普及可能であることがFSベースで確認された。
英文要約Title:The Feasibility Study (FS) for The “Demonstration Project of International Energy Consumption Efficiency Technology and System Demonstration Project for Energy Saving Buildings (Ministry of Public Works and Settlement) in the Republic of Turkey(FY2001-2003)Final Report

1.Purpose The Republic of Turkey (hereinafter referred to as “the target country”)is increasing energy use progressively.
The “Feasibility Study (FS) for The “Demonstration Project of International Energy Consumption Efficiency Technology and System Demonstration Project for Energy Saving Buildings (Ministry of Public Works and Settlement) in the Republic of Turkey” is an entrusted project for the public office which has nine stories above ground and two below located in the capital city Ankara in the target country (hereinafter referred to as “the implementation site”). We will conduct survey research on energy-saving effects caused by the introduction of Japanese energy saving technologies with proven track records to the implementation site on a FS basis to evaluate each energy-saving technology as well as to examine the possibility of the application thereof to other existing buildings in the target country. If good FS results are obtained, we will subsequently undertake technology demonstrations and a follow-up project at the implementation site. 2.Details We conducted the following research and study necessary for the preparation of the project implementation plan and the examination of the possibility of the spread thereof. (1)Research on the basics of a potential implementation site (2)Embodiment of the technology demonstration project implementation plan(3)Investigating the possibility of the spread of the relevant technologies and formulating a follow-up project plan 3. Conclusion The following is the proposed technologies that were classified. ~Reduction in the external heat load by improving thermal insulation performances in exterior walls or the glass of openings~Realization of energy saving by designing air-conditioning systems utilizing regional characteristics and efficient illumination systems~On-site creation of energy by utilizing renewable energy When the proposed technologies are all adopted, a 29.9% reduction in energy usage is expected and this reduction can be appreciated. Not all technologies will be adopted, but a certain technology that can enhance energy-saving effectiveness or a set of several technologies combined in accordance with regional characteristics can be adopted.The simple payback period therefore is 24 years in terms of cost effectiveness. Technologies requiring relatively longer payback periods can also be introduced as publicity for other areas in Turkey (coasts of the Mediterranean and the Black Seas).A series of the investigations mentioned above indicated that the technologies proposed in this entrusted project could produce great improvements in energy usage and become widespread from a financial viewpoint on a FS basis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る