成果報告書詳細
管理番号20120000000127
タイトル平成22年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術普及実施可能性調査事業 コークス工場省エネ設備 (ポーランド)
公開日2012/5/16
報告書年度2010 - 2010
委託先名スチールプランテック株式会社 三菱商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約平成22年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業 「製鉄所における省エネ設備技術普及推進基礎事業(ポーランド)」
【一般情報】ポーランドにおいて、石炭は最も豊富な鉱物資源であり、ヨーロッパ最大のコークス工場がある。政府はエネルギー安全保障を最優先課題と位置づけており、国内の新エネルギー源を探索することが喫緊の課題としている。【最近の経済動向】ポーランドは2009年には欧州全体がマイナス成長にある中、EU諸国で唯一プラスの経済成長を維持した。インフレ率は若干高いものの、2010年に於いても安定して経済成長が続くことが期待されている。【ポーランド鉄鋼業】2009年の鉄鋼生産量は710万tで、前年比26.7%減となった。2008年の世界景気後退の波は、産業の中でも鉄鋼業へ最も深刻な影響を及ぼした。2009年の全金属産業の売り上げ高中、鉄鋼業の売り上げは11%を占めている。殆どの鉄鋼会社は民営化されており、11社が5社の海外資本に買収・保有されている。【提案サイトの選定】A社ポーランドのコークス工場は国内は言うに及ばず世界でも最新・最大の工場である。年間約400万tのコークスを生産している。今後2基以上CDQを設置できる可能性があることから提案サイトとして選定した。【プロジェクト概要】湿式消火装置が採用されているコークス炉に乾式消火装置(CDQ)を設置し、蒸気を発生させる。蒸気はタービン発電機によって30.7MWの電力へ変換される。【適用する主要技術】CDQは不活性循環ガスでコークスを消火し、ボイラーで蒸気を発生させる技術である。【事業化計画】大型CDQを既設No.11、12コークス炉の中央部に設置し、両炉で乾留されるコークスを消火する。既設の湿式消火装置はBTGが定期点検を行っている間や機器故障時の消火作業のためそのまま残される。【想定されるプロジェクトの効果】プロジェクトによる省エネ・代エネ効果は、年間各227GWh、2,520TJである。さらに大気へ放散されるダスト量は、CDQ設置前の年間450tから26.8tに減少する。【GHG排出削減量】グリッドのCO2排出係数は2009年11月のデータで0.669tCO2/MWhと高いため、GHG削減量は152千tCO2となる。【実現可能性】ポーランドの冬季はー20℃以下となる寒冷地である。このため、水分が少ない乾式コークスへの需要が多い。投資効率は発生電力の販売益の他に乾式コークスの差額や低質原料の配合比上昇を加味できるため大幅に改善する。IRRはベースケースのERU無しで約22.9%、J/I組成によるERU込みで25.9%となる。今後もコークス産業の競争力を維持し、且つ産業セクター別のCO2排出量を削減するためにも高効率の大型CDQへの需要はあり、普及は進むものと推察できる。
英文要約Title: Title: Feasibility study for prevailing energy saving equipment in steelworks in Poland Final Report
[General infor.]Coal is the most abundant mining product in Poland, and there exist the biggest coking plant in Europe. One of Poland’s important energy policies is to reduce the dependence of energy from abroad, and to find new energy source within the country is urgent issue.
[Recent economic trend] Poland is the only country who achieved positive growth in Europe Union in 2009. It is expected that the economic growth is continued in 2010 and inflation ratio is rather higher but stable.
[Polish iron and steel industry] Production of steel in 2009 is 7.1 million ton, 26.7% lower than 2008. Steel industry is the most affected industry in Poland by world economy recession of 2008. Turnover of iron and steel industry in Poland is about 11% of all manufacture industries in 2009. Almost 99% of the companies has been privatized and 11companies are owned by 5 foreign companies.
[Site Selection] A company Poland coking plant is one of the latest, largest factories in Poland, also in the world. About 4 million ton of coke per year are produced. We selected this company as a candidate of feasibility study, considering the possibility of further expansion of CDQ.
[Project outline] To install Coke Dry Quenching system(CDQ) to the existing coking plant which a conventional wet quenching system was adopted, and generated steam will be converted into the electric power of 30.7 MWh by the turbine and the generator.
[Applied technology] CDQ is the technology that uses inert circulating gas to quench hot coke and generates steam by hot gas in a waste heat boiler. [Business plan] Large-scale CDQ that can quench the red coke produced by No.11 & No.12 coke oven batteries is installed in the central part of both batteries. Existing wet quenching tower is kept as a stand-by purpose in case ofregular inspection or yegent stoppage of CDQ.
[Project effect] Project can save 227GWh of electricity and save 2,520TJ energy annually. Current quenching system emits 450t/y of dust, but project can reduce dust to 26.8t/y dramatically.
[GHG reduction] Grid electricity carbon emission factor is high in Poland, 0.669 t co2/MWh, so GHG reduction will be 152,137t CO2/y.
[Project possibility] The temperature of Poland in winter reaches -20 degrees or more. There is a lot of demand for the dry quenched coke because the coke contains little humidity. The investment efficiency is greatly improved by premium of dry quenched coke and material mix variance besides advantage of recovered electric power sale. Project internal rate of return is assumed as 22.9% without ERU revenue form Joint Implementation (JI) and 25.9% with ERU. There is demand for highly effective, large-scale CDQ to maintain the competitive ness of the coke industry in the future, as well as to reduce the amount of the CO2 exhaust.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る