成果報告書詳細
管理番号20120000000224
タイトル*平成23年度中間年報 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 焼結クーラー排熱回収設備モデル事業(インド)
公開日2012/5/10
報告書年度2011 - 2011
委託先名スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 実証事業の内容及び成果等
インドは依然著しい経済成長を続け、それに伴うエネルギー消費量の増大、環境問題が喫緊の課題となっている。インドにおける代表的なエネルギー多消費産業であり、かつ、今後の粗鋼生産量の大幅増加が見込まれる鉄鋼業界に対して、我が国の鉄鋼業界において実績のある省エネルギー技術を導入し、省エネルギー対策を進めることは、我が国のエネルギーセキュリティ上も非常に重要である。係る状況下、本事業は、インド鉄鋼業に焼結クーラー排熱回収設備を導入して、我が国の優れた省エネ技術の有効性を実証することにより、本技術のインド国内への普及を図ることを目的とする。
英文要約Title : International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy, The Model Project for Sinter Cooler Waste Heat Recovery (India) (FY2008-FY2012) FY2011 Annual Report
Generally in FY2011, fabrication and delivery from Japan proceeded almost on schedule but the progress in India delayed, due to reasons attributed to Indian parties, such that the MOU and ID were extended by one year duration. Turbine, Generator, Condenser, and E & I panels were shipped from Japan in June. Boiler piping and some valves were shipped in July as the third and last major shipment. Erection work started at Site and Japanese supervisors were dispatched accordingly. Also, training for Indian workers were carried out in Japan and Philippines. On the other hand, the PDD was modified because the CDM methodology ACM0012 was revised to version 4.0.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る