成果報告書詳細
管理番号20120000000230
タイトル*平成23年度中間年報 省エネルギー革新技術開発事業 挑戦研究 走行中非接触給電システムの研究開発
公開日2012/5/10
報告書年度2011 - 2011
委託先名昭和飛行機工業株式会社 国立大学法人東北大学 日産自動車株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.研究開発の内容及び成果等
<研究開発の背景と目的>
現在EVは、実質の一充電走行距離が100km前後であることから、長距離ハイウェイ走行においては充電の煩わしさから逃れることはできない。しかし、ハイウェイにおいて、サービスエリアの駐車場に休憩のために車を止めるだけで手軽に充電できる、あるいはある走行区間の非接触給電レーンにおいて走行しながら給電を受けることができるとすれば、搭載電池の小容量化が可能となり、EVの普及を大きく加速させることが可能となる。これを実現するための技術が、「走行中非接触給電システム」である。
英文要約Title: R&D Program for Innovative Energy Efficiency Technology, Exploratory research phase, A development of inductive power supply system for moving vehicles (FY2010-FY2012) FY2011 Annual Report
The second year achievements is the spatial gap 0.6m for coupling K=0.05 and Alfa=187, which enables theoretical efficiency over 80% as the primary targets. In this process a research member obtained a method to reduce the coupling fluctuation induced by lateral misalignment. For higher efficiency, we selected ferromagnetic plated wire as relatively lower resistance at the frequency in use and easier manufacturing, out of other two types such as enamel insulated and capillary ones. SiC module is tested in pilot circuit and ensured to be able to be introduced. The multiple pole crossed coil was utilized to suppress -30dB EMI. As a result, the actual power and efficiency between grid and DC obtained this year was 2kW and 88% @ Gap=0.6m for floor track, which satisfied the target, and 2kW and 91% @ Gap=1.1m for sidewall track with a resonant coil.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る