成果報告書詳細
管理番号20110000000669
タイトル*平成22年度中間年報 次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発 次世代技術開発 シリサイド・ナノ・ハイブリッド負極材料の研究開発1
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名古河電気工業株式会社
プロジェクト番号P07001
部署名スマートコミュニティ部
和文要約1.
研究開発の内容及び成果等
研究開発項目(1)「SNH(シリサイド・ナノ・ハイブリッド)負極活物質の開発」
リチウムイオン二次電池の負極材料として、高容量と長寿命の両立を図ることを目指して、 SNH粒子のスラリー塗布型電極におけるシリサイドの体積膨張抑制作用および、ナノレベルにおける集電性能を両立させる技術開発を行う。さらに、Si-M1-M2およびSi-M1-M3 (ただし、M1,M3:シリサイドを形成する金属、M2:シリサイドを形成しない金属)の3元系合金に関する電極特性を把握する。また、大きな比表面積を有するナノ粒子を使用する場合のSEI(固体電解質界面被膜)形成に伴う負極不可逆容量が増大する課題を解決するために、造粒法等を用いて実効表面積を低下させる検討を実施し、活物質粒子として電池負極へ用いることが出来るようにする。
英文要約Title:Development of High-performance Battery System for Next-generation Vehicles/Next-generation technology development / Development of Silicide- Nano-Hybrid as Anode Material for Li-ion Batteries (FY2009-FY2010) FY2010 Annual Report

Silicon is one of the most promising anode materials for lithium ion batteries. However, the large volume change in Si upon lithium insertion and extraction causes the breakdown of the electrical conductive network and the capacity loss. In this work we made the silicide-nano-hybrid particles (SNH, Si-M1 and Si-M1-M2 systems, M1 and M2: metals) electrode with conventional slurry method. Several conductive materials and electrolytes, additives were controlled. As a result, especially Si-M1-M2 systems electrode showed excellent charge-discharge capacity life.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る