成果報告書詳細
管理番号20110000000670
タイトル*平成22年度中間年報 次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発 次世代技術開発 シリサイド・ナノ・ハイブリッド負極材料の研究開発2
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名古河電池株式会社
プロジェクト番号P07001
部署名スマートコミュニティ部
和文要約1. 研究開発の内容及び成果等
研究開発項目1) 「SNH(シリサイド・ナノ・ハイブリッド)負極活物質の開発」(古河電気工業株式会社)
古河電気工業株式会社の平成22年度分中間年報に記載
研究開発項目2) 「SNH負極活物質を用いた電極化技術開発」(古河電池株式会社)
SNH活物質にマクロな集電性を付与し、かつ、活物質の体積変化に追随できるSNH負極材料を電極として機能させるための電極化技術開発を行った。具体的には、SNH負極材料を主体とした活物質、導電助剤、結着材および増粘材を用いたスラリーの開発、並びに次世代自動車用電池設計を前提とする電極設計技術の開発を行った。
英文要約Title:Development of High-performance Battery System for Next-generation Vehicles/Next-generation technology development/Development of Silicide-Nano-Hybrid as Anode Material for Li-ion Batteries(FY2009-FY2010) FY2010 Annual Report

Silicide-nano-hybrid(SNH) has been investigated as anode active material of the lithium-ion battery. Cycling performance of SNH electrode was improved by added vinylene carbonate(VC) to the electrolyte. Furthermore, SNH electrode using the organic binder indicated more superior cycling performance than using the aqueous binder, and the electrode achieved over 1000mAhg-1 capacity retentions at 300th charge-discharge cycle. On the other hand, initial coulombic efficiency of using the organic binder electrode decreased compared with the aqueous binder electrode. The battery which was composed by the cathode of general lithium-ion battery and the SNH anode indicated excellent discharge characteristics at 2CA.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る