成果報告書詳細
管理番号20110000001386
タイトル*平成22年度中間年報 革新型蓄電池先端科学基礎研究事業 革新型蓄電池先端科学基礎研究開発 9
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
プロジェクト番号P09012
部署名スマートコミュニティ部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 a) 全体総括 本研究は、高エネルギー加速器研究機構と再委託先の2機関及び京都大学との密接な連携により、大強度陽子加速器施設 ( Japan Proton Accelerator Research Complex、以後、J-PARC)の物質・生命科学実験施設(Materials and Life science Facility, 以後、MLF)内の中性子ビームラインBL09 番(以後、BL09)を開発中で、本年度は、J-PARC/MLF への装置提案と研究計画提案、一次審査合格後の詳細計画書提案とビームライン特定、専用中性子回折装置が設置される増築建屋の調整を行うとともに、既設の装置を用いて様々な開発研究を行った。
中性子はX 線と異なり軽元素でも重元素と同程度の散乱能を示すためリチウムの情報が得やすく、構造と機能の関係を知る上で重要なプローブとして高度化が期待できる。そこで、電池反応場および蓄電池の利用環境を特殊環境形成装置によって発生させ、そこに中性子をプローブとして導くことを計画し、世界最高性能のパルス中性子源をもつ大強度陽子加速器施設(J-PARC)の物質・生命科学実験施設(MLF)において特殊環境中性子回折装置(SPICA)の開発を進めている。
英文要約Title: Research & Development Initiative for Scientific Innovation of New Generation Batteries/Fundamental Research on New Generation Battery Materials with Neutron Diffractometer (FY2009-FY2011) FY2010 Annual Report
In FY2010, the design of an annex building of the Materials and Life science Facility (MLF) building of J-PARC (Tokai village, Ibaraki prefecture, Japan) was progressed. The annex building is the place in which the dedicated high resolution powder diffractometer to the battery research will be installed. The building will have a chemistry laboratory outside the radiation-controlled area. The detaile design of the beamline with long elliptical supermirror guide and the shielding calculation were completed. From the conceptual design and simple calculation, we specify the goal of the best resolution (= delta-d/d) would be 0.1 % with 10-times more intensity compared with existing instruments. The sample cells and the holding devices for both ex situ and in situ neutron experiments were developed. Neutron diffraction experiments of cathode materials (spinels and layered oxides) were carried out with existing instruments (BL08 and BL20). The result of ex situ and in situ neutron experiments shows particular charactaristics of the neutron diffraction. The analyshis studies are made using the Rietveld method.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る