成果報告書詳細
管理番号20120000000015
タイトル平成23年度成果報告書 災害現場へ適用可能な遠隔操作型災害対策用ロボットの開発に関する情報収集
公開日2012/6/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名特定非営利活動法人国際レスキューシステム研究機構
プロジェクト番号P11016
部署名技術開発推進部
和文要約 本調査委託業務では,以下の項目について調査を行った.
(1)災害現場での環境モニタリングに必要な機能や装備の検討
 災害現場での環境測定機能を有した機器(温度,湿度,放射線等)の必要性,有効性等に関する検証及び検討を行った.
(2)ロボットを遠隔操作するために必要な通信技術の検討
 人間では立ち入り困難な災害現場において,計測・測位技術と複数ロボットを効率的に遠隔・半自律で操縦するための通信技術等の検証及び検討を行った.
(3)災害現場状況を把握するために必要な機能や装備の検討
 災害現場状況を頼把握するために必要と考えられる機能(映像撮影,3次元形状の計測等)等の検証及び検討を行った.

 これらを実証するため,Quinceに搭載し,福島第一原子力発電所の第2号炉,第3号炉原子炉建屋内のモニタリングを行い,その性能に関する評価を行った.6回にわたる試験調査の結果,原子炉建屋内の放射線の空間線量率,高精細映像の計測が可能であることが示された.
英文要約 The following issues were investigated in this project.
1) Functions and facility for environmental monitoring in disaster sites
Needs and effectiveness of equipment for environmental measurement of temperature, humidity, radiation etc. in disaster sites were evaluated and investigated.
2) Communication for robot teleoperation
Evaluation and investigation of communication technologies for teleoperation and semiautonomy of multiple robotic systems with measurement and localization in disaster sites where human has difficulty in entering.
3) Function and facility for recognize disaster situations
Functions necessary for recognize disaster site situations including image shooting, 3D shape measurement were evaluated and investigated.

These functions and facilities were installed on Quince for experiments and investigation. It was used for environmental monitoring in the second and the third reactor buildings of Fukushima-Daiichi Nuclear Power Station for evaluation. Testing and investigation 6 times on site showed that the system could measure the air dose rate in the building and high density image.

ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る