成果報告書詳細
管理番号20120000000039
タイトル*平成18年度中間年報 系統連系円滑化蓄電システム技術開発 実用化技術開発 電力貯蔵用アドバンストLiイオン電池の制御システム研究開発
公開日2012/6/27
報告書年度2006 - 2006
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P06004
部署名スマートコミュニティ部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 共同研究の内容及び成果等
蓄電システムの基本ユニットとなるモジュールの制御回路の仕様作成に先立ち、ハイブリッド自動車のバッテリシステムや無停電電源装置など既存蓄電システムの構成を調査し、開発する蓄電システムのハードウェアの課題を整理した。既存蓄電システムは数百セルが直列接続された構成であり、その制御回路はその耐圧設計及び回路間の絶縁設計、回路間の信号伝達または通信方式に工夫がある。本研究開発の蓄電システムでは、既存蓄電システムより更に多数のセルが直並列接続され、高電圧化、高容量化される。このため、既存蓄電システムの上記工夫に加え、制御回路の分散制御が必須となる。2
英文要約Title:Development of the advanced lithium ion battery for power storage. FY2006 Annual Report
Prior to specifying the module control circuit that is the basic unit of the power storage system, we made an investigation into the architecture of present power storage systems such as one for a hybrid electric vehicle and one for an uninterruptible power supply. And then, we clarified the challenges of the hardware of control circuit for the developing power storage system. As for the present power storage system, several hundred cells are connected in series and its control circuit has unique technologies such as the withstanding voltage design, insulation design between the circuits, the signal transmission between the circuit and the communication method. In the power storage system of this R&D, more cells are connected in series and parallel and its voltage and capacity is bigger than present one. Therefore, the distribution control of the control circuit becomes indispensable in addition to the above technologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る